OfficeアプリがiOS 9やApple Pencilに対応します

159011noffice.jpg

Officeアプリがもっと便利に。

iPad Pro発表の熱狂から1日。マイクロソフトはOfficeアプリのアップデートを発表しました。内容はiOS 9のマルチタスキングとApple Pencilへの対応。iPadでのドキュメント作成がもっと便利になります。以下はマイクロソフトの発表の一部です。

Slide Over」で2つのウィンドウを開き、メールを見ながらOneNoteに予定を書き込んだり、パワーポイントでプレゼン中にノートの資料を参照することができます。

Split View」ではアクティブアプリを指定せずに、同時に操作できます。エクセルから数字をコピーしてパワーポイントに貼り付けたり、ワード文章を見ながらパワーポイントでプレゼンのリハーサルをしたり…なんてこともできます。

OfficeアプリではApple Pencilはペンとしても、またハイライトツールとしても利用可能。指よりずっと繊細な操作ができそうです。また便利な機能として、Outlookで添付されたOfficeドキュメントをタップするとセカンドウィンドウのワードやエクセルアプリで開く、という機能もあります。

その他にも、 OutlookのアポイントをApple Watchでスライドし確認できる「Time Travel」や、滞在国に合わせて自動で適切な挨拶を選んでくれる「Translator」など、さまざまな機能がもりだくさん。

iPadを仕事にも使う人にはぜひ適応しておきたいアップデートですね。

source: 9to5Mac

(塚本直樹)