App Storeから一番人気の広告ブロッカーアプリが姿を消した訳

2015.09.25 07:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150921_peace_app.jpg


悪質な広告をブロックしてくれるのはありがたいんですけど…

ネット評論家でありInstapaperの作者でもあるMarco Arment氏は、人気沸騰中だったiOS 9用広告ブロッカー、Peaceの配布を停止すると発表しました。彼によればその理由は「良い気がしない」との事ですが、そこにはもっと深い理由もありそうです。

他のアプリ開発者同様、Arment氏はPeaceを水曜日、つまりiOS 9のリリースと同時に公開しました。アップルがiOS 9で広告のブロックを許可した為、様々な広告ブロッカーアプリが一斉に登場したのです。しかし、ギズモードを含む多くのテック系情報サイトで取り上げられているように、アップルが広告をブロックするのは、消費者を守る為ではありません。広告ブロッカーは、広告を収入源とし、それによって記者や編集を雇っている多くのパブリッシャーの収益モデルを破壊してしまいます。新しいNewsアプリの登場によって、アップルが出版プラットフォームビジネスに手を伸ばそうとしているのが明確に見えてきました。つまり、アップルには他のパブリッシャーを弱体化させる動機があるのです。

Arment氏によると、Peaceはアプリストアにて36時間の間、有料アプリのカテゴリで1位だったのですが、むしろそれが彼に考えなおさせるきっかけとなったそうです。

以下はArment氏のブログからの引用です:


Peaceでここまでの成功収めるのは、正直良い気がしません。予想していませんでしたが、すべきだったと思います。広告ブロッカーには1つ必ず留意すべき点があります。それは、多くの人にとって非常に便利である反面、打撃を受ける人もいて、それは必ずしも打撃を受けるべき人たちではないという事です。

Peaceは全ての広告を平等に扱います。しかし、特定の広告をブロックすべきかどうかの判断は、必ずしも白黒はっきりしたものではありません。このアプローチはあまりに無神経なので、Ghosteryも私も、この方法では私達の目標や信条と一致しないと判断しました。全体にポジティブな影響を与えるには、単純なiOSアプリで出来る事よりも繊細で複雑なアプローチが必要になるでしょう。慌ただしかったこの数日で、ブロックされるべき広告の決定者に私はなりたくないし、そんなアプリを作る事に良い気がしないと気付きました。


しかし同時に、彼は広告ブロッカーは重要だと感じているとし、Ghosteryの功績を支持しています。

また、どうやらArment氏は、スパイウェアが仕込まれたオンライン広告に対する倫理的な解決法として、広告ブロッカーが適切ではないと気づいたようです。状況は複雑ですが、彼はより「繊細な」アプローチを探しています。起業家としては珍しい事ですね。

今望むのは、彼の決定によって他の開発者やパブリッシャー、起業家の皆さんが自分たちの戦略を考えなおしてくれる事ですね。


source: Marco.org

Annalee Newitz - Gizmodo US[原文
(scheme_a)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「これからの広告」の教科書
  • 佐藤 達郎|かんき出版
  • 憎悪の広告
  • 能川 元一,早川 タダノリ|合同出版
・関連メディア