まさに完成形。 Pebbleの新スマートウォッチはまんまる文字盤

丸い文字盤は見た目に違和感なし。

Apple WatchやAndroid Wearが進化を続ける中、スマートウォッチの古豪ことPebbleも負けていません。Pebbleは同社初となるラウンド形状のスマートウォッチ「Pebble Time Round」を発表しました。

150924npe1.jpg

Pebble Time Roundのウリはラウンド形状の文字盤だけでなく、本体が非常に薄くて軽量なのも特徴です。その薄さ、なんと7.5mm。Pebbleによると、Pebble Time Roundはフル機能のスマートウォッチとしては世界最薄なんだそうです。

本体は高級感ある金属製。文字盤のサイズは38.5mmで、ディスプレイを大きなベゼルが囲っています。1回の駆動時間は2日間に減ってしまいましたが、たった15分充電するだけで24時間まるまる使えるそうです。

また、Pebble Time Roundはマイク穴があり、ボイスコマンドによる操作も可能。64色ディスプレイはバックライト付きです。防水には対応しませんが、防滴性能を備えています。

150924npe2.jpg

ストラップのサイズ違いで2モデルが存在し、それぞれ男性用の20mmバンドと女性用の14mmバンドが付属します。20mmモデルはシルバー&ブラックフィニッシュ、14mmモデルはローズゴールドフィニッシュと、どこかの新型スマートフォンで聞いたようなカラーリングです。

また円形ディスプレイに合わせて、ディスプレイ表示もページごとに切り替わるようにインターフェイスを再調整。サード製アプリ用にも円形ディスプレイ対応に対応した新SDKが配布されます。

The Vergeのレポートによると、Pebble Time Roundは軽くて薄いために非常に装着感がよく、またクラシカルな外観のおかげで様々なシチュエーションで利用できるだろうと高く評価しています。

Pebble Time RoundはPebble社のウェブサイトやAmazonで現在仮予約を受付中。出荷予定は11月8日からとなっています。価格は249ドル(約3万円)。Apple Watchもいいけれど、ちょっと人と違うおしゃれなスマートウォッチを探してる…って人には有力候補な一本になりそうですね。

source: The VergeCult of Android

(塚本直樹)