ボーイング、ドローン狙撃用の新小型レーザーを開発

    ボーイング、ドローン狙撃用の新小型レーザーを開発 1

    今週ボーイング社は、新たにコンパクトなレーザー兵器システムの開発に成功したと発表しました。ただのレーザー兵器ではなく、ドローンを打ち落とすことに特化したものとなっています。

    今年の夏はドローン関連の事件がたくさんありました。火事が起きた際に野次馬ドローンが飛んできたせいで消火活動が妨げられたりドローンが刑務所内にヘロインやマリファナを届けたり…。でも趣味でドローンを飛ばして火事をまじかで撮影してた人がいるせいで火災消火が妨げられるなんてまったくもってひどい話で、被害を受けた市が高額の懸賞金をかけてその犯人を捜すことにまで発展しています。ボーイングの新たなレーザー兵器は今のところは戦場での使用しか考えられていないようですが、将来的にはこのようなレーザーシステムでお邪魔ドローンを打ち落とすこような未来が来ないとも限りません。

    現在アメリカ軍により使われているレーザー兵器は、アフガニスタンとイラクで使用されており、主な目的はIED(即席爆発装置)を安全な距離から起爆すること。でもそういったレーザー兵器は大きなトラックにマウントするようになっているんです。今回ボーイング社が発表したコンパクトになったレーザー兵器では、より簡単に運べるようになっています。

    Wiredはボーイングが今週ニューメキシコ州で行ったレーザーシステムのデモンストレーションをこう記しています。

    デモでは、ボーイングはレーザーを使用して静止状態の複合UAVシェルに穴をあけ、どれだけ素早く航空機を破壊できるか見せていました。フルパワーで2秒、するとターゲットは燃え上がるんです。この2kWの赤外線レーザーで失明してしまわないように数えきれないほどの安全のお知らせがあったほかには、ファンファーレが鳴るでもなく、爆発もないし、レーザーが目に見えるわけでもありませんでした。例えて言うと、オルデランを消滅させる感じというよりかは、とてもとっても高価な虫眼鏡で蟻を焼く感じです。

    *オルデランは「スター・ウォーズ」でデス・スターのレーザーによって破壊される惑星

    レーザー武器システムの利点は、コストが比較的安いという点も挙げられます。一度買ってしまえばあとは電気代を払うだけで済むというわけです。ボーイングはこのシステムの価格は明らかにしていないものの、通常のメンテナンスだけで何年も使えるし、コントローラーはXbox 360用のコントローラーなため交換も容易だとのこと。ドローンが(軍用であれ民間用であれ)ユビキタスに存在する世界がもうすぐそこまで来ている時代、ドローンを打ち落とすシステムを安価に配備可能だということは不可欠です。

    「脅威に対してローコストで対処できるのがこれです」とボーイング社レーザー&電気光学システム部門ディレクターのDavid DeYoungさんはWiredに語っています。このレーザーシステムを米国内で使用する計画は現在のところありませんが、戦場でこれを目にすることになるのも数年は先のことです。でも今から10年先のドローンとレーザーのことを考えれば、どちらもよりたくさん見ることになるのは確実でしょう。でもそうなってもドローンとレーザーの両者が仲睦まじい友達関係を気づくことは無理そうです。

    source: Wired

    Matt Novak - Gizmodo US[原文

    (abcxyz)