偶然が重なる瞬間。ロケットが残した煙は絵のように美しい

偶然が重なる瞬間。ロケットが残した煙は絵のように美しい 1

すべてはタイミング。

米国の2日朝、ケープ・カナベラル空軍基地ではUnited Launch Alliance社のアトラスVが打ち上げに成功しました。ロケットはMUOS-4(海軍の4機目となる通信衛星)を搭載しており、飛び立った時刻は東部夏時間6時18分、日が昇る前のことでした。

ロケットが白煙を残すのは、いつもとなんら変わらないのですが、特筆すべきはそのタイミング。まだ空が薄暗い時間帯に発射されたため、残された煙が昇りつつある太陽に下から照らされ、ほんのりと青や橙に染まり、上の画像の景色が生まれたわけです。ロケットの打ち上げと空模様。タイミングが合えばこんなにも印象的な光景が浮かんでくるんですね。

ギズモードは、9月10日午前2時からアップルの新製品発表会の情報をリアルタイムで更新します。iPhone 6sや新型iPad、新型Apple TVなどが発表されるかも。リアルタイム更新はこちらのページ当日は一緒に楽しみましょう!

source: ULA

Attila Nagy - Gizmodo US[原文

(たもり)