今までと何が違うの? アップルのイベント会場の歴史

今までと何が違うの? アップルのイベント会場の歴史 1

世界各地いろいろな場所で行なわれる記者会見や発表会。

でもどのイベントも結局、大きなボードやスクリーンの前で人が話すだけで、会場に行っていない人にはどれも同じに見えてしまいます。中には歴史的な建物や高級ホテルで開かれているイベントもあるのにそれって少しもったいないと思いませんか?

アップルはほとんどの発表会でサンフランシスコにあるMoscone Centerを会場としてきました。しかし、新型iPhoneが発表されると噂される9月10日のイベントは初めてBill Graham Civic Auditoriumで行われます。そこで今回は、アップルが発表会を行なってきた建物に焦点を絞り、どんなところだったのか見ていきたいと思います。

毎度おなじみアップルのイベント会場といえばここ、Moscone Center!

今までと何が違うの? アップルのイベント会場の歴史 2

Moscone Center外観

今までと何が違うの? アップルのイベント会場の歴史 3

Moscone Centerイベント会場

カリフォルニア州サンフランシスコのダウンタウンに位置するMoscone Center。1981年に作られたこの建物は、会議や展示を行なう場としてはサンフランシスコで最も大きく約10年間の間WWDCの会場として使われ続けています。Moscone Centerはサウス・ノース・ウェストの3棟からなっており、アップルのイベントが行なわれているのはウェスト。キーノートのプレゼンはこの建物の最上階の3階で行なわれています。もともと登壇者と観客の距離が近いこの会場ですが、なるべく近くで見ようと発表会の行なわれる前夜から並び始まる人もいるようで、年を重ねるごとにこの待ち行列は長くなっているそうです。まるで日本でiPhoneが発売される時のようですね...。

また、この3階のスペースはかなりフレキシブルに使えるようでアップルも増える来場者に合わせて会場の大きさを変更しています。

ちなみにアップルだけでなく、グーグルやマイクロソフトといった他のIT企業もここで発表会を行なっています。

初代iPadが発表された場所はYerba Buena Center for the Arts

今までと何が違うの? アップルのイベント会場の歴史 4

Yerba Buena Center

2010年、初代iPadが発表された場所がこのYerba Buena Center for the Arts。実は先ほど紹介したMoscone Centerの目と鼻の先にあり、大きなガラス窓が特徴です。アップルの発表会が行なわれるときにはこの窓全体がポスターで覆われ建物全体がアップル色に染まります。

実はこの会場、名前からわかるようにアート作品の展示やイベントを行なうことでも知られおり、音楽やダンス、美術や映像作品などさまざまなジャンルの世界各地の文化を展示する場として使われています。

実はあの製品の最初の発表会はAppleの本社で行なわれていました。

今までと何が違うの? アップルのイベント会場の歴史 5

アップル本社屋

2001年に発表された初代iPod。一時期、新しいiPodの発表はアップルの行なうイベントで目玉となっていましたが、最初の発表はクパティーノにある本社で行なわれていたようです。2013年に発売したiPhone5sも本社で発表されているので、本社で行なわれるのは珍しいことではありません。

現在、新たな本社屋を建設中のアップル。こういった発表会を行なうことを前提とした部屋も設計されているかもしれませんね。ひょっとしたら円形の中心にある広大な中庭スペースでイベントを行なうこともあるかも?

大学で発表会? Flint Center

今までと何が違うの? アップルのイベント会場の歴史 6

Flint Center

この数年間、アップルは新型iPhoneの発表を行なう場所を転々としていますが、去年iPhone6の発表を行なったのはなんと大学キャンパス内にある施設。アップルの本社から車で5分ほどのDe Anza大学にあるFlint Centerが会場でした。教育の分野にも力を入れているアップルだからこそ、大学を選んだのかもしれません。

今までで最大規模? 本日の会場Bill Graham Civic Auditorium

今までと何が違うの? アップルのイベント会場の歴史 7

Bill Graham Civic Auditorium

そして最後に今回のイベント会場、Bill Graham Civic Auditorium。サンフランシスコにあるこの建物は今からちょうど100年前に建設されましたが、そのアリーナにはなんと7,000人も入ることができます。もちろん、毎年増え続ける観客に対応するために大きな会場を選んだということもあるかもしれませんが、この建設100年という節目の場を選んだからには、アップルも何か歴史的な発表を行おうとしているのかもしれません。ますます今夜のイベントに期待が高まりますね。

もしもアップルが今後さらに大きな会場を選ぶとしたらもう、スタジアムや屋外などしか残されていないのではないでしょうか? どちらにしても、ライブ映像からは会場が変わっても変化が分かりにくいのはすこし残念です。薄暗い中行なうキーノートのプレゼンテーションも確かにかっこいいですが、会場デザインの雰囲気も活かしたイベントも見てみたいですね。

ギズモードは、9月10日午前2時からアップルの新製品発表会の情報をリアルタイムで更新します。iPhone 6sや新型iPad、新型Apple TVなどが発表されるかも。リアルタイム更新はこちらのページ@gizmodojapanで。今夜は一緒に楽しみましょう!

source: Moscone CenterYBCATwitterThe Flint Center for the Performing ArtsBill Graham Civic Auditorium

(kazoomii)