「スター・ウォーズ」ボバ・フェットのその後を描いたムービー

今日は4日、フォースの日!

賞金稼ぎのボバ・フェット。「スター・ウォーズ」シリーズで、彼を主役にスピンオフ映画ができるという話があるだけあって、さすがに1人でも様になりますね。素敵。本家ではないですが、Eric Demeusyさん作の「The New Republic」は、ボバ・フェットのその後を描いた作品。スレーヴ・ワンとともにサルラックから逃れてから、さてどこで何をするのやら。

Demeusyさんの作品紹介によれば「30年もの間Great Pit of Carkoon(タトゥイーンの砂漠にある巨大なくぼみ)にはまり、ようやく命からがら抜け出した賞金稼ぎのボバ・フェット。新共和国設立のため、反乱軍とともに戦うことになる…」とのこと。公開された映像は、このショートフィルムの予告編です。

Casey Chan - Gizmodo SPLOID[原文

(そうこ)