クスリのいやな臭いを吸着する包材が開発されました

クスリのいやな臭いを吸着する包材が開発されました 1

大日本印刷は、各種有機化合物から発生する不快な臭いのガスのうち、アルデヒド系やケトン系のものを吸着する「DNPにおい吸着包材(アルデヒド・ケトン用)」を開発。量産を開始しました。

アルデヒドは、消毒液などに用いられる物質。もっとも単純な構造の「ホルムアルデヒド」を水に溶かしたものがホルマリンです。ケトンは除光液などに用いられています。

これらを含む医薬品は、製造後時間が経つとガスを放出。その臭いがパッケージに充満し、服用する患者さんが不快に感じることも多いそうです。

今回開発された包材は、その不快な臭いだけを吸着する材料をフィルムに添加。包装24時間後には臭いの成分をほぼ100%吸着し、無臭状態になるようです。

あの臭いがダメ、という人もこの包材が普及したら、それほど不快に感じることはなくなるかもしれませんね。

source: 大日本印刷

(三浦一紀)

ギズモードは、9月10日午前2時からアップルの新製品発表会の情報をリアルタイムで更新します。iPhone 6sや新型iPad、新型Apple TVなどが発表されるかも。リアルタイム更新はこちらのページ当日は一緒に楽しみましょう!