まるで昆虫。足つきヘリコプターをDARPAが実験中

150916_roboranding1_R.JPG

トライポッド? ジガバチ?

ヘリコプターのランディングギアと言えば、スキッドかタイヤ式が当たり前で、ちょっとした斜面に着陸するのも勘弁してほしいところですが、現在、DARPA(国防高等研究計画局)支援のもと、Georgia Institute of Technologyで開発が進められているランディングギアがあれば、そんな懸念もどこかへ飛んでいきそうです。

MAR (Mission Adaptive Rotor) Robotic Landing Gear」と呼ばれるこのランディングギアは4つの足(?)に、着陸する地面の形状に合わせて機体が水平に保てるように、フォースセンシティブコンタクトセンサーが取り付けられており、動画をご覧のとおり着陸場所が傾斜していればギアが自動で機体を水平にしてくれるのです。

これが実用化されれば、将来的に山岳救助や荒天時の海上の船舶への着陸など、軍事作戦以外でも十分役立ってくれそうです。

source: YouTube

(ロバーツ町田)