フェイスブックがドイツ政府と協力、ヘイトスピーチに対抗

フェイスブックがドイツ政府と協力、ヘイトスピーチに対抗 1

フェイスブックが、ネット上にわきあがるヘイトスピーチに対応すべく、ドイツ法務省とインターネットプロバイダと協力することがわかりました。ドイツは現在、難民の受け入れという大きな問題に直面しており、人種差別、ヘイトスピーチには特にセンシティブ。

フェイスブックはSNS上に投稿される人種差別を伴うポストやコメントに対して、何も処置を行なっていないという、ドイツ当局からの指摘を受けて今回の運びとなりました。もちろん、今まで何もしていなかったわけではないのですが、対応が遅い/甘いという声があり、今後はよりアクティブに動こうとしているわけです。また、フェイスブックはネット上でのヘイトスピーチをトラッキング調査する団体にも協力し、資金援助を行なうことになっています。

この発表を受け、ネタ元のウォール・ストリート・ジャーナルでは、「難民」はフェイスブックの規約上でのヘイトスピーチから保護すべき団体に該当しないのではと指摘する有識者もいます。難民とは「アイデンティティ」ではなく、人の「行動」であり、ソーシャルネットワークは「行動」について自由に議論できる場であるべきだというのです。フェイスブック側は、今回の協力発表によって、サイトポリシー変更をする予定はないといいますが、これは簡単に白黒つく話ではなさそうです。

image by Kārlis Dambrāns under Creative Commons license

source: Wall Street Journal via The Verge

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(そうこ)