地球と月のツーショットで振り返る、宇宙写真の歩み

地球と月のツーショットで振り返る、宇宙写真の歩み 1

宇宙が舞台の有名ツーショット。

NASAの宇宙探査機ボイジャー1号は、1977年9月18日にこの写真を撮影しました。この1枚こそが、地球と月の全体像が1つのフレームに収まった最初の写真になったのです。

宇宙を探検するようになって日が浅いなかで、驚くほど美しい写真が激写されてきましたが、そのなかでも「地球と月」のツーショットは別格です。この2つの天体の姿を丸ごと収めたツーショットが初めて撮られたのはボイジャー1号のときでしたが、地球の全体像が初めて撮影されたのはもう少し前のことでした。

ルナ・オービター1号が1966年に撮影

地球と月のツーショットで振り返る、宇宙写真の歩み 2

Image via: JPL/NASA

画質の粗さから1世紀も前の写真のようにも見えるこの写真、撮影されたのは約50年前なんです。私たちの惑星、ザ・ブルー・マーブルを初めて月からのアングルで撮影したのはルナ・オービター1号でした。この写真を見ると、私たち人間はちっぽけな存在なんだって思い知らされますね。

アポロ8号が1968年に撮影

地球と月のツーショットで振り返る、宇宙写真の歩み 3

Image via: JPL/NASA

その2年後、アポロ8号の宇宙飛行士たちが捉えたのがこの「地球の出」です。宇宙の暗闇のなかに浮かぶブルー・マーブルの写真は、変わりゆく地球の環境に対して警鐘を鳴らす役割を果たしました。自然写真家のGalen Rowell氏はこの画像を「最も影響力のある環境写真」と呼んでいるとか。

1968年のクリスマスイブに月周回軌道に突入したアポロ8号は、月を周回し地球に帰還した初の有人ミッションでした。その晩、宇宙飛行士たちは宇宙船の中からテレビ中継を行なったのですが、それによって我々は宇宙の中ではいかに脆くて孤独なのか思い知らされることとなったのです。

テクノロジーの進歩とともに画像もより鮮明になってきました。細かいことは置いといて、宇宙から送られてきた美しい写真を堪能するとしましょう。

探査機ガリレオが1992年に撮影

地球と月のツーショットで振り返る、宇宙写真の歩み 4

Image via: JPL/NASA

同じポーズでパシャリ。息をつけないほど美しいこの写真を送ってくれたのはNASAのガリレオ探査機です。620万km離れた場所から、軌道に乗って地球を回る月を撮影しました。

マーズ・リコネッサンス・オービターが2007年に撮影

地球と月のツーショットで振り返る、宇宙写真の歩み 5

そして2007年には、マーズ・リコネッサンス・オービターも地球と月のショットを撮影しています。それも、これまでとはまったく別のアングル、火星からの1枚です。撮影時、地球は火星から1億4200万km離れていました。暗く写ってしまった月と明るく照らされた地球とのコントラストのため、この写真は加工されています。

地球に注目してみると、南米の地形がうっすらとわかりますね。

探査機ディープインパクトが2008年に撮影

NASAの探査機ディープインパクトは2008年のエポキシミッションの一環として、5000万kmの距離から地球と月を捉えました。公転しているために、地球を横切る月はピンボケしてしまっているとか。

探査機メッセンジャーが2013年に撮影

地球と月のツーショットで振り返る、宇宙写真の歩み 6

Image via: JPL/NASA

宇宙空間にポツンと浮かぶ2つの白熱電球…に見えなくもないこの画像はNASAの探査機メッセンジャーが送ってくれたもの。2013年7月に9800万kmも離れた場所から撮影したとか。真ん中の画像で地球と月が過度に露光されているのは、水星周辺の天体を長時間露光で撮影中だったためです。

嫦娥5号が2014年に撮影

地球と月のツーショットで振り返る、宇宙写真の歩み 7

Image via: JPL/NASA

月よりも前面に出て美しい渦巻き模様を見せつける地球の姿を捉えた画像は中国国家航天局によるもの。嫦娥5号の試験機のサービス・モジュールが2014年の11月に撮影しました。

衛星DSCOVRが2015年に撮影

こちらはNASAの深宇宙気象観測衛星(DSCOVR)が撮影したイメージをもとに作られた鮮明なアニメーション。私たちの地球が青く美しいのに比べると、岩っぽく見えるのが月です。地球から100万kmの離れた場所から、太陽に照らされた月の裏側が衛星と地球の間を横切っていく様子が撮影されています。1959年にソ連のルナ3号が初めて撮影に成功して以来、月の裏側のディテールを見せてくれたのがDSCOVRのカメラと望遠鏡でした。

同じ被写体でもアングルが変われば、いろんな表情を発見できる。わかりきったことですが、宇宙スケールでみてみるとその壮大さを感じずにはいられません。ボイジャー1号が太陽圏を脱出し星間空間に突入した今、どんな光景を見せてくれるのか楽しみですね。

Feature image via JPL/NASA

Chelsea Scherer - Gizmodo US[原文

(たもり)