自撮りをさらに美しく。新機能「Retina Flash」の威力やいかに?

150925selk00.JPG

被写体が引き立ちます

iPhone 6s/6s Plusではセルフィー(自撮り)も強化されています。iPhone 6まではFaceTimeカメラは120万画素でしたが、6sからは大幅進化の500万画素(5MP)カメラを搭載。さらには新機能として画面全体を光らせてフラッシュ代わりになる「Retina Flash」が利用できます。

このRetina Flashの光量は通常の3倍。しかも、ただ画面を光らせているだけでなく、環境光に合わせてフラッシュを調節し、より実際の色に近い肌色を再現できる、とのこと。その効果はどれほどのものか、実際に撮影して比べてみました。

自撮りをさらに美しく。新機能「Retina Flash」の威力やいかに? 1

まずは明るい室内での比較。Retina Flashを利用したほうが肌の色の再現度が高く、血色良く撮影されています。また、右目付近の陰りも薄くなっていて、明るい場所でもFlashの効果は得られるようです。

自撮りをさらに美しく。新機能「Retina Flash」の威力やいかに? 2

暗所での撮影例。Retina Flashを利用すると人物(顔)がより引き立ちます。いわゆる「フラッシュを使って撮った写真」感も出てしまうので、一長一短といったところですが……、

自撮りをさらに美しく。新機能「Retina Flash」の威力やいかに? 3

Retina Flashを利用したほうが、高感度ノイズが減り、拡大しても美しさをキープできます。こう見るとやはり暗所ではRetina Flashを利用したほうが断然キレイ!

自撮り派はこれだけでも、iPhone 6s/6s Plusを選ぶ理由になるのではないでしょうか。

source: アップル

(小暮ひさのり)