より美しく世界をライブビューで。リコーの全天球撮影カメラ上位モデル「RICOH THETA S」

2015.09.04 10:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150903rik01.jpg


納得のハイスペックモデルです。

リコーはベルリンにて開催されているIFA2015にて、ワンショットで全天球撮影が可能なカメラ「RICOH THETA S」を発表しました。既存モデルである「RICOH THETA」の上位モデルとなり、製品のコンセプトである小型・軽量はそのままに、更に高画質化が図られています。


150903rik00.jpg


レンズ部には新開発されたレンズユニットと大型化されたイメージセンサーを搭載。画像処理の向上により静止画で約1400万画素相当の高精細な画像撮影が可能になりました。動画に関してもフルHD相当(1920×1080)で30fps撮影と、高画質化が図られています。また、他のデバイスとの接続に利用されるWi-Fiも最大4倍にまで高速化。

その高速化されたWi-Fiの活用として、本モデルではシリーズ初となるスマホやタブレットを使ったライブビューが利用できます。その他にも、内蔵メモリが8GBに増えていたり、HDMI(type-D)端子を備えていたりと、まさに1ランク上のハイグレード機となっています。

全天球撮影ってどんな感じなの?という方はコチラをどうぞ(旧モデルでの動画です)。


みんなで飛んだ大なわとびを360度撮影ができるリコーのThetaでムービーにしたよ。みんなすごいでしょ! #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


過去にギズモード編集部でアウトドアとガジェットの楽しさをアピールしたイベントの一部です。全天球で撮影しているので、マウスでぐりぐり動かせるんですよ。

自分の周囲、世界をそのまま保存する。といったような、その場の臨場感や空気感までもが捉えられているように思えませんか? こんな面白い絵が撮れるなんて、ほんとカメラの世界、表現の世界って底なしです!


source: RICOH THETA S

(小暮ひさのり)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア