斜め上いくSnapchatの新機能「Lenses」

150917snapchatnewcamera.jpg

いや、わからなくもないけど、やっぱ斜め上。

Snapchatがアップデートして、あれこれ機能が追加されたのですが、その中に遊び心満載なものがあります。「Lenses」と呼ばれる新機能が、遊びすぎて予想の斜め上ってな感じで好感がもてます。

Lensesは、簡単にいうと顔認識ソフトを利用して、ユーザーの顔をおもしろくしましょうというもの。Snapchat起動してカメラをセルフモードに切り換え、自分の顔を長タップすると、顔認識がスタート。顔を判断するため、蜘蛛の巣のようなラインが表示されます。

150917snapchatnewcamera01.jpg

あとは、下部に表示されている顔のイラスト=レンズをスワイプして変更すればOK。いろんなパターンでチャット相手を楽しませたり怖がらせたりできます。

最もベーシックなのはこれ。画面が全体的にちょっとピンクっぽくなって、ちょっと目が大きめに。なんだかセクシーなレンズです。

150917snapchatnewcamera04.jpg

目がハートになるかわゆいレンズ。SciFi映画ぽいレンズ。ラリってんのかと疑われてしまう超デカ目で口から虹を吐き出すレンズ。

150917snapchatnewcamera02.jpg

明らかにイタズラ目的のゾンビレンズ。ファンタジー映画のおじいちゃんみたいなレンズ、顔のシワがリアルで嫌。古典的な驚きをみせる目玉飛び出しレンズ。

150917snapchatnewcamera03.jpg

Snapchatらしいというか、なんでこれにしたの?と言いたくなるレンズばかりです。とくに口から虹のやつね。すぐ飽きる気もしますけど、嫌いじゃないの。

source: Snapchat

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文

(そうこ)