50年後に引き上げられたタイムカプセル…中身はドロドロに

2015.09.30 15:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

150928timecapsule.jpg


1965年に埋められたタイムカプセル「John F. Kennedy Peace Capsule」(ジョン・F・ケネディー平和カプセル)が50年たった今、掘り起こされることになりました。みんなすごいマスクにゴム手袋を付けて、メインで作業する人はまるで防護服のようなものを着ています。それもそのはず、50年間地中に埋まっていた昔のタイムカプセルは、多くの場合、雨がしみ込んで中身がぐちゃぐちゃになってるんです。

MLiveが公開しているこのタイムカプセルを開ける様子では、やっぱり予想通り中身は大変なことになっているのがわかります。巨大なカプセルの中には水が入ってグシャドロに。内容物が濡れないようにするためか袋に入っていたものにも水は染み込み中は「微気候になってるぜ」なんて言われちゃってます。

それでも記念プレート、古いブーツ、コーヒーミル、氷バサミは識別できる状態ででてきました。でも他のものはバッグに入った泥みたいなことになっちゃっています。

ベイ・カウンティー歴史協会のRon BloomfieldさんがMLiveに語るところによれば「これは大変なプロセスになるかもしれません。水だらけになっているので、難破船の残骸と同じように取り扱わないといけないんです」とのこと。



ミシガン州ベイシティの人々の手によってこれが埋められた1965年には、将来開けられることを思いながらいろいろな物が詰め込まれていましたが、まさかこんな状態になるとは。どうやら「地面の下に保存する」というのは次の世代のためにものを保存するにはそんなに良くないアイデアだったよう。

しかもこのタイムカプセル、実はまだ本来開けられるべきですらないんです。本来ならば2065年に開けられるはずだったのですが、最近になって地方自治体が50年で十分だと判断したそう。結果としては、いま開けておいてよかったかもしれません。あと50年たっていればもう中身が識別不可能な液体だけになっていたことでしょうし。

この中に何が入れられていたのかは、今回開けられるまでははっきりわかっていませんでした。中に入れられていた紙製のものはプラスチックの袋の中に入ってこそいましたが、永遠に何が書いてあったかわからなくなっています。


150928timecapsule2.jpg

1965年にタイムカプセルが埋められるところ。ベイ・カウンティー歴史協会提供


MLiveに語るベイシティの住民の中には「私の父は手紙を書いて、(タイムカプセルの制作スタッフに)3ドル渡して中に入れてもらったんです」なんて語る人も。「何が書かれていたのか父に聞くと『100年後にわかるよ』と答えてくれました。結局100年ではなく50年でしたが、きっと私たち5人の子どもにメッセージを残してくれたんだと思います」。

うーん、泣ける。でもきっとこの有様だと、その手紙も読めなくなってるんでしょうね。


150928timecapsule3.jpg


これまでに埋められてきた数多くのタイムカプセルの中身は、おもしろみのないものだったり、今回のように水や経年劣化により悪くなってしまったりしています。中にはわくわくするようなものが中に詰まったタイムカプセルもあります。今回のものは残念でしたが、皆さんも今回の事例を教訓に、しっかりと中身が保存できるタイムカプセルを未来に向けて残してみるのもいいかもしれませんね。


images: Screenshots from MLive

Matt Novak - Gizmodo US[原文
(abcxyz)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
・関連メディア