YouTubeが2倍速く? グーグル開発中のビデオコーデック、4K動画も半分のサイズに

YouTubeが2倍速く? グーグル開発中のビデオコーデック、4K動画も半分のサイズに 1

ほとんどの人は、動画圧縮コーデックのアルゴリズム改善の話なんて興味がないかもしれないけれど、毎日見ているYouTubeのストリーミングが2倍速くなるかもって聞いたら、きっと全インターネットユーザーが嬉しいですよね。

グーグルのプロダクトエンジニアリングマネージャーJames Bankoski氏によると、現在グーグルは新たに、現在の規格である「VP9」の後継版となる「VP10」のコーデックの開発に取り組んでいるとのこと。今年4月にギズモードでも紹介したYouTubeの「VP9」は、なぜスゴいのか知ってますか?の記事では、

「VP9」のビデオコーデックは、一般的に採用されている「VP8」と比較すると圧縮率が2倍に向上、VP8と同水準の画質を維持しながら、半分のビットレートで動画配信が可能

とあります。さらに「VP10」は「VP9」より効率的に動画を圧縮し、4K動画を半分のサイズにすることを可能にします。

グーグルは、VP10を来年末までに標準規格にしたいと考えているようで、グーグル製のハードウェアやソフトウェア等に順次搭載していくつもりとのこと。もともとグーグルのVPコーデックはオープンソースのロイヤリティフリーで提供されています。一方、アップルが好む「H.264」は、同規格を採用するデバイスのメーカーに0.6ドルの料金を科しています。

ビデオコーデックの覇権争いが静かに繰り広げられていますね。ユーザーにとっては嬉しい競争でしょう。

source:CNET

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(mayumine)