義体化きた! 世界初3Dプリントのチタン胸郭移植に成功

150914worlds_1st_3d_printed_titanium_rib_cage.jpg

SF漫画ですの~。

胸骨と胸郭の一部をがんで失った54歳のスペイン人男性が世界で初めて3Dプリントの義胸骨の移植に成功しました。素材は超軽量&超強靭なチタン

チタンの移植自体は初めてではないのですが、胸郭のこれだけ大きな部分を移植するのは極めて難易度が高いもの。チタン義骨は通常さまざまなプレート部材で製造されるため、下手すると時間の経過とともにルーズになって合併症を引き起こす恐れもあるのですね。

そこでスペインのサラマンカ大学附属病院が着目したのが、摘出した胸郭をより忠実に再現できるカスタムデザインのチタン義骨です。長い目で見てこっちの方が安全と判断し、採用を決めました。

150914worlds_1st_3d_printed_titanium_rib_cage_a.jpg

さっそく患者の胸部を高解像度の3D CTスキャナーで断層撮影し、移植する部位を決め、豪メルボルンのAnatomics社に胸骨&胸郭の義骨のデザインと製造を委託。

MakerBotみたいな家庭用3Dプリンターもいいけど、なんせ相手はチタンプリント。もっと高度な専門技術と機材が要求されます。Anatomics社では1台、130万ドル(約1億5600万円)の電子ビームプリンター「Arcam 3D」で世界初の胸郭を作ってスペインに空輸し、義骨は無事患者さんの胸部に移植されました。

最後の手術からわずか12日後、患者さんは世界で最もウルヴァリンに近い男となって退院し、術後の経過も良好とのことです。いや~3Dプリントすごい。やっぱり21世紀のテクノロジーだわ。

source: CSIRO via Gizmag

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(satomi)