XcodeからiPhone 6sの2GB RAMの証拠を発見、か

150914niphone6s2gb.jpg

これで確定かな?

iPhone 6s/6s Plus購入検討者の大きな関心事は、「RAMの容量はどれくらいなのか」。前モデルと同じく1GBだとちょっとがっかりだし、2GBなら俄然期待が高まります。そんな中、ソフトウェア開発環境のXcodeから「iPhone 6sに2GB RAMが搭載された」証拠が見つかったそうなんです。

この情報を発見したのは、有名開発者のHamza Soodさん。Xcode 7のGM版のスクリーンを見ると、確かに「iPhone 6s/iOS 9.1」のウィンドウに2GBの文字があります。また以前アドビがぽろっと漏らしたように、iPad ProのRAM容量は4GBだとも表示されていますね。

RAM容量が増えるとどんなメリットがあるかですが、まずSafariでタブをたくさん開いてもリロードが抑えられることが考えられます。また4K解像度ムービーの編集にも役立つことでしょう。さらにiPhone 6 Plus向けアプリの安定性が向上する可能性も…。正直、いいことづくめです。

思えば、2012年のiPhone 5から続いた1GBのRAM容量。iPhone 6sではカメラの画素数が向上したり4K解像度撮影が可能になりましたが、RAM容量の倍増はiPhoneが新たなステージに達した証拠なのかもしれませんね。

source: 9to5Mac

(塚本直樹)