光学100年の足跡を見渡せる「ニコンミュージアム」が10月17日オープン

151005-pic_01_1-R.jpg

昔のニコンの一部製品は、大井町の職人さんが手磨きで作っていたとのお話もあり。ここで日本のモノ作りの歴史も見ることができそう。面白そう。

カメラメーカー御三家の1つニコンが、自社の歴史を振り返る博物館「ニコンミュージアム」をオープンします。ニコンの前身となる日本光學工業株式會社(1917年創業)から数えると、もう少しで100周年。当初は望遠鏡や双眼鏡、照準器といった古き時代の光学兵器を作ってきましたが、いまやナノメートルの極小スケールから光年を単位とする宇宙までも光学&電子技術でカバー。人間の目を拡張するさまざまなアイテムを作っており、同施設ではその一部を見ることができます。

151005-pic_02-R.jpg

カメラ好きとして一番GOODくるのはImagingブースでしょうね。1948年製ニコンIから最新世代のデジタルカメラまで、約450点が勢揃い。技術とスタイルの変貌を見て楽しめます。

151005-pic_01-R.jpg

Spirit of Nikonブースはニコンの原泉となる光学技術にかけた想いが集結。右側のレンズはナニゴトですか。直径1m超えているのではないでしょうか。

場所は東京都港区港南2-15-3 品川インターシティC棟2F。品川駅港南口から徒歩7分です。開館時間は10~18時で最終入館は17時30分まで。なお日曜日、祝日と一部の日は休館です、ご注意を。

source: ニコン

(武者良太)