アラフォー歓喜。129kgで195馬力なNSR500レプリカ「MMX 500」

アラフォー歓喜。129kgで195馬力なNSR500レプリカ「MMX 500」 1

ロスマンズカラーに、涙が...。

モーターサイクル全盛期の80's、そして環境問題が強く問われるようになった90's&ゼロ年代冒頭。この時代を駆け抜けたモーターサイクルの1台がホンダNSR500です。V4 500ccの2ストロークサウンドは世界各国のサーキットで人々のアドレナリンを全開にしまくり、クルマでいうF1の世界ゆえに夢のまた夢のバイクとしてあがめ奉られてきました。いわば、レジェンド

そのNSR500をモチーフとしたバイクが産声を上げようとしています。それがSuter Racing Technologyの「MMX 500」です。

アラフォー歓喜。129kgで195馬力なNSR500レプリカ「MMX 500」 2

排気量は576cc。車重は127kgで時速310km/h。パワーウェイトレシオ0.65kg/hp。F1以下かー。なんということでしょうか。

2ストマルチの甲高いエキゾーストノートがたまりません。

Suter Racing Technologyを率いるエスキル・スッターはもともとオートバイレーサーで、1998年にはロードレース世界選手権500ccクラスにも参戦。そして2004~2006年にはカワサキZX-RRの開発を担当しているプロフェッショナル。彼らの手による現代の2ストロークレーサーの走りは、いかに。

source:Suter 500

(武者良太)