ゲームのキャラクターをデスクの上に召還! しかも動くよ #DCEXPO

ゲームのキャラクターをデスクの上に召還! しかも動くよ #DCEXPO  1

テクノロジーが魔法に近づいてきた。

最先端のテクノロジーを体験できるデジタルコンテンツEXPO。「視触覚クローン」に引き続きお送りするのは、東京大学の苗村研究室による「エンチャンテーブル」です。これは、3DCGで作ったアニメーションのキャラクターを現実世界に召還する装置で、ヘッドマウントディスプレイやレンズを介さず、直接AR動画と戯れることができます。

デモンストレーションでは、カードに描かれた魔法使いと同じキャラクターをデスクに召還していました。

【DCEXPO2015】東京大学 苗村研究室「エンチャンテーブル」

種明かしは、次のような仕掛け。テーブルの後ろに設置した実像光学系の装置で立体アニメーションを再生。その光をテーブル面の上に反射させます。そうすることで、立体アニメーションが現実世界で動き回っているように見えるんです。インタラクティブにするならセンサーなどの追加の装置が必要ですが、再生するだけならテーブルの後ろに光学系の装置を置くだけで良いそうです。

少し前までは、スマホのカメラなどにマーカーを読み込ませることで、レンズ越しにARのキャラクターを見ることができました。「エンチャンテーブル」の可動範囲は前後に約10㎝、左右に約20㎝と、狭い範囲ではありますが、より仮想現実と現実をシームレスに見せてくれます。ゲームなどエンターテイメントだけでなく、店頭のディスプレイなどにも利用ができそうですね。

source: DIGITAL CONTENT EXPO

(高橋ミレイ)