アップル、落としても壊れないiPhoneの特許を出願

アップル、落としても壊れないiPhoneの特許を出願 1

猫の着地みたい。

スマートフォンを落として壊してしまった人は星の数ほどいると思うのですが、なかなかその解決策は見つかっていません。できることといえば、厚めのカバーを付けるとか、ごく一部の耐衝撃モデルを選ぶぐらいでしょうか?

しかし、アップルは思わぬ方法でスマートフォンの落下による故障を防ごうとしているようです。同社の出願した特許「Active screen protection for electronic device」では、スマートフォンの四隅から爪が飛び出して画面を守る方法について解説されています。

アップル、落としても壊れないiPhoneの特許を出願 2

上の画像を見てください。スマートフォンの四隅から爪が飛び出して、地面とディスプレイとの間に隙間を作ってくれるってわけです。今時のスマートフォンは加速度計やジャイロスコープなどが当然搭載されていますから、この特許も実現するのはそう難しくなさそうですね。

最近のスマートフォンはベゼルが狭いので爪を置くスペースは少なそうですが、それでも上下に配置すればなんとか行けるかもしれません。

アップル、落としても壊れないiPhoneの特許を出願 3

爪の飛び出し機構は今感じ。爪の素材としては、プラスチックやポリマー、金属など様々なものが想定されているそうです。バネ式とかにしたら、もっと単純化できるんじゃないかなぁ…?

アップルは以前、スマートフォンの落下を検知して空中で姿勢を変える特許を取得しています。今回の特許とどちらが実用的なのかはわかりませんが、早く落としても壊れないiPhoneが実現することを期待したいですね!

source: USPTO via Apple Insider

(塚本直樹)