Bluetoothで接続できる手頃な真空管アンプ

Bluetoothで接続できる手頃な真空管アンプ 1

これはカワイイ! 部屋にほしい!

そろそろ肌寒い季節。秋の夜長は、ゆっくりと音楽でも聴きながら部屋でくつろぎたい気分です。できれば、真空管アンプの柔らかな音質に浸かって。でも何かと敷居が高いのが真空管。なんだか取り扱いが難しそうだし、本格的なものは、とにかく高いですし。

米国のECサイトMONOPRICEで販売している真空管アンプ「Stereo Hybrid Tube Amp with Bluetooth®」は、Bluetoothで簡単に接続ができます。まさにハイブリッド。もちろん、有線でつなぎたい場合はRCA端子も使えますよ。さらに、価格が150ドル(約1万8000円)と手頃なので、入門機として買うのに良さそうですね。

真空管は、デジタルアンプが普及した今でこそ製造が減ってしまいましたが、なめらかで温もりのある音質は多くのオーディオファンの心をつかみ続けています。スチームパンクな見た目も魅力的なので、インテリアとしての関心から使い始めるのも全然アリ。電球と同じように、真空管も時々交換が必要ですが、こんな風に手間がかかることも、愛着が湧く理由のひとつかもしれませんね。

source: MONOPRICE

(高橋ミレイ)