あなたの足に完全フィット。アディダスが3Dプリンターを使ったランニングシューズの開発に乗りだす

3Dプリンティングの技術があなたの走りを変えてくれるかもしれません。

アディダスが10月7日に発表したFuturecraft 3D。ひとりひとりの足に合ったミッドソール(靴底の中間部分)を3Dプリンターで作れるというものです。フットスキャンなどのテクノロジーを駆使し、店舗ですぐに3Dプリントしたランニングシューズを作成できるようになるとのこと。

今回の開発にあたって、同社はベルギーの3Dプリンティングに特化した企業であるMaterialise社と提携したというのだからその本気度がうかがえますね。今後はプロジェクトをオープンソース化してさまざまなコラボレーションを行なっていく予定だそう。これからの6ヶ月で更に革新的なアイディアを発表していくとのことなので要注目です。

そういえば、ライバル社であるナイキも自宅でカスタマイズしたシューズを3Dプリンティングできるプロジェクトの構想をほのめかしていました。他にもFeetzなどが3Dプリンティングシューズの開発に乗り出しています。今後この動きがどうなっていくのか楽しみですね!

source: Adidas

Adam Clark Estes - Gizmodo US [原文]

(阿部慶次郎)