発表まであと1日、Surface Pro 4は超薄ベゼルに?

1501005nsf4.jpg

※画像はイメージです

次世代Surface、待ち遠しい!

いよいよ明日に迫った、マイクロソフトのWindows 10イベント。同イベントでは新型Surface(通称:Surface Pro 4)や新型Lumiaスマートフォンの登場が噂されていますが、今回の話題はSurfaceの方です。インターネット上に流出した情報によると、Surface Pro 4は上の画像のように超薄型ベゼルを搭載するというのです。

情報によれば、Surface Pro 4のベゼルは上と左右の3辺がほぼベゼルレスで、下側にはある程度のベゼルがあるんだとか。これから推測するに、Windowsボタンは下側に移動するか、あるいは省略されるのかもしれません。Surface Pro 4がこんなにカッコいいデザインになるならすぐにでも乗り換えたいんですけど、この超薄型ベゼルは実現するのかな?

また情報元によると、Surface Pro 4は「スマートフレーム」という興味深い機能を搭載するとも伝えています。これは、もし本体にキーボードが接続されデスクトップモードなら画面表示領域が13インチに、キーボードのないタブレットモードなら12インチに変化するというもの。その狙いは、タブレットモードで表示領域を減らして握る部分を作る、ということらしいんです。話を聞くと実用的かもしれませんが、ちょっとトリッキーな機能だな~って印象ですね。

タブレットPC業界に自ら飛び込むことで、PCの新たな可能性を示してきたマイクロソフト。もうすぐ発表される次期Surfaceも「こんなPCあったらいいな…」を体現したモデルになることを期待しています!

source: WinBeta

(塚本直樹)