転ばぬ先の杖。ドローン用の保険がAIGで買えます

転ばぬ先の杖。ドローン用の保険がAIGで買えます 1

リスクに備えて。

アメリカで登録制度が検討されるなど、そろそろ社会的な責任も問われだしたドローン。そんな便利さとリスクが共存するガジェットに対して、保険会社のAIGドローン用の保険プランを売り出すというんですから、時代は進んだものです。

同社の保険プランでは、全てのアクシデントに対して保険が適応されるそうです。内容としてはドローンを他人や何か物にぶつけてしまった場合の第三者賠償責任だけでなく、ドローン自体やカメラ、その他の搭載部品にも対応。また電子機器が原因であっても保険は効力を発揮するそうです。話を聞く限り、かなり充実したプランですね。

保険の価格どのようなドローンを使うかで決まります。例えば6Kや8K映像まで撮影できるREDカメラを搭載したカスタムドローンなら、市販の人気ドローン「DJI Phantom」とGoProを組み合わせた場合よりも高くなるはずです。

もし家に広い庭があって、そこでドローンを飛ばすよ!という場合は、この保険は必要ないかもしれません。しかし、人も通る場所でドローンを飛ばす予定があるのなら、この保険が役に立つ場合もきっと出てくるんじゃないでしょうかね。

source: Business Insider via Engadget

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(塚本直樹)