グーグル親会社、Alphabetが「abcdefghijklmnopqrstuvwxyz.com」を取得

151013_google_alphabetdomain.jpg

「一応取っとくか」って会話したのかな。

グーグルの親会社として、本体をはじめバイオ関係の子会社などを束ねる形で誕生した、Alphabet社。先週5日から、株式市場でも正式にその表記が変更になりました。

そうなると当然「Alphabet.com」というドメインが欲しいわけですが、すでにお伝えしている通り、保有しているのはBMW。金ならあるし、まぁ売ってくれるだろうなんて高をくくっていたわけではないでしょうが、BMWはこれを断固拒否。いくらカネを積まれても絶対に売らないと宣言されてしまいました。

グーグル改めAlphabet社は、苦心の末「abc.xyz」というドメインで運用することにしたようです。

しかしこの度、グーグルがまた新しいドメインを取得したことが判明しました。その文字列とはなんと…。

abcdefghijklmnopqrstuvwxyz.com

ご覧の通り、AからZまで並んでいます。アルファベットなだけに。おそらくこのドメインも誰かによってすでに取得されていた可能性が高いですが、取得のためにグーグルがいくら支払ったのかは不明とのこと。

利用者が名前を間違えた時の対策として「googl.com」「gogle.com」など、18,000ものドメインをすでに取得しているグーグル。現時点でabcdefghijklmnopqrstuvwxyz.comにアクセスすることはできませんが、はたして今後どのように利用されるのでしょうか。

私達はこのAlphabetという社名を気に入っているんだ。だって、アルファベットは言語、つまり人間の最高の発明品のひとつだからね。

語っていたラリー・ペイジ。「Alphabet.com」は取得できるのか。このままでいくのか。Alphabet社の今後とともに注目していきたいですね。

source: Financial Times

Matt Novak - Gizmodo US[原文

(渡邊徹則)