水不足解消に紙皿&紙コップのフル活用…ってマジですか?

水不足解消に紙皿&紙コップのフル活用…ってマジですか?  1

そんな解決策ってアリなの?

ご存知のように、米国カリフォルニア州を記録的な干ばつが襲い、深刻な水不足問題が生じています。つまり、皆で節水に取り組み、いかにして水資源を有効活用できるかが活発に議論されてはいるのですが…。

ついにカリフォルニア州北部のフォートブラッグという町では、町内の飲食店に、こんな通達が出されました。

レストランやホテルでは、使い捨ての食器やコップを使用しましょう。客に提供する飲料水は、リクエストがあった場合のみに限定し、テーブルクロスやナプキン、タオルなどの使用も最小限に控えましょう。

現地ではこのような事態にまで発展して、物議を醸していますよ。ほかにも、庭の芝生への水やりやプールの使用を控える呼びかけが出されているのは理解できるものの、使ったら捨てられるだけの紙皿紙コップのフル活用って、本当によいことなの?

つまり、食器を洗うための水の使用を減らす効果はあっても、リサイクルしない紙皿や紙コップばかりを大量に使うならば、その生産のために用いられる水はどうなるのでしょう? 自分の町で節水を進めるために、別の資源の無駄遣いを奨励し、ほかの場所で自然破壊が進行することはよしとするのでしょうか?

この新たな節水対策をめぐっては、賛否両論の激しい議論が繰り広げられているそうです。せっかくの外食が、チープな紙の食器でしか楽しめない世界というのには抵抗もあるでしょうし、究極の節水法とはいえ、なかなか難しいものがありそうですよね~。

image by Artsem Martysiuk / Shutterstock

Ria Misra - Gizmodo US[原文

(湯木進悟)