アップル「1984」を狙った? ツイッターの新しいテレビCMがワールドシリーズに登場

アップル「1984」を狙った? ツイッターの新しいテレビCMがワールドシリーズに登場 1

1984と同じインパクトを狙う?

ジャック・ドーシー氏がCEOに返り咲き、さまざまな変化が起こっているツイッター。

最近だと米国でニュースのキュレーション機能「Moments」が先日搭載されたのが記憶に新しいところ。

また、プロモーションの分野も積極的に展開しはじめ、今年の夏に日本限定でリリースした「ニュース」機能の広告を、電車の中吊りで目にした方も多かったのではないでしょうか。

そんなツイッターが次にプロモーションを図る場は、国民の一大イベントであるメジャーリーグワールドシリーズのテレビCM。ただ、どうやらそのCMを制作したのが、なんとアップルの超有名CM「1984」を制作したチームらしいんです。

このCM自体は、米国で先日スタートしたニュースのキュレーション機能「Moments」を訴求するためのもので、Twitterの情報の即時性とMomentsのキュレーション力をあらわしているものかと思われます。

もちろん「1984」の制作チームが作ったCMだから、1984と同じインパクトがあるわけではないでしょうが、少なくとも機能の特徴は伝わってきますね。

内容の良し悪しは、私にはとても判断できないので、このCMが放送されたときに、ツイッターのタイムラインで評判を見てみましょうかね。

source: The Verge

(小山和之)