ワシントンD.C.が、うんちをエネルギーに変える!

ワシントンD.C.が、うんちをエネルギーに変える! 1

政治の街からうんちの街…に?

アメリカの首都ワシントンD.C.が、クリーンエネルギーに力をいれるため注目しているのは…う・ん・ち。今年の9月、D.C.水道局は、下水泥水を電気に変える施設へと生まれ変わりました。北米ではこれが初となります。熱加水分解システム(Blue Plains Advanced Wastewater Treatment Plant)が始動開始し、今この時もうんちをエネルギーに変えようと動いています。システム内で実際に動き、メタンガスを動力タービンへと変換させているのは微生物です。

このシステムによって、水道局で使用される電力の1/3をまかなえると予測されており、年間1000万ドル(約12億)の電力コスト削減に繋がります。どうせ流して捨ててしまうものが12億円。うんちの力で12億円。こんな素晴らしいことありません! D.C.に住む人々は、トイレで大を流すとき、誇りを感じてください!

source: The Washington Post

Maddie Stone - Gizmodo US[原文

(そうこ)