イマドキの子どもたち羨ましい。ディズニーが3Dぬり絵を開発中

2015.10.07 11:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


こんなの大人も全力ではしゃぎたくなりますよね。

ディズニーがぬり絵を3Dで表示するアプリを開発中です。というと、「もう同じような商品が発売されてるじゃん」と思う人もいるかもしれません。しかし、さすがはDisney Reserch。このARアプリケーションでは色を塗っているときもリアルタイムでぬり絵を3D表示できるんです。

モバイル端末のカメラからリアルタイムで絵をキャプチャして、3Dマッピングを行ないます。変形しやすい紙の表面にも3D画像をマッピングできるのだとか。動画の中では、ぬり絵の向きを変えたりページを少しめくったりしても、アプリに表示される3D画像がちゃんと対応して動いていました。



まだアプリは開発段階のため、子どもたちがディズニーストアで買ったりするのは先のことになりそうです。とはいえ、近い未来に子どもたちがこんなぬり絵で遊ぶようになったら楽しいだろうなあ...。


1510053dcoloringbook1.jpg


1510053dcoloringbook2.png


トップ画像のゾウさんもいいですが、ちらっと動画に登場する力士もかわいいです。


source: Disney Research

Andrew Liszewski - Gizmodo US [原文]
(Haruka Mukai)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 図解 ディズニーの経営戦略早わかり (1時間でわかる図解シリーズ)
  • 粟田 房穂|KADOKAWA
  • 料亭、三越、ディズニーを経て学んだ 日本人が知っておきたい心を鍛える習慣
  • 上田 比呂志|クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
・関連メディア