最先端をいく! 自動運転バスが走っている5つの都市

最先端をいく! 自動運転バスが走っている5つの都市 1

未来はここにあり!

自動運転車はまだまだ開発中、公道を走るのはまだ先の話。なんてことはありません。すでに自動運転バスが公道を走っている、もしくは近い将来での導入が決定している国があります。未来への最初の1歩としてのテスト導入であり、走行ルートは短く、スピードもゆっくりしたものです。それでも、一足先に未来体験な街なのです。公道を自動運転バスが走る5つの都市を紹介します。

ローザンヌ(スイス)

今年始めから6月まで、EasyMile社のEZ10、自動運転シャトルバスが走行していました。ルートは1.5マイル(約2.4キロ)ほど。地下鉄駅から、大学内の数カ所へ、生徒や職員を運んでいました。約6カ月間の運用期間での、事故報告はなし。

トリカラ(ギリシャ)

ギリシャ北部、人口8万人の小さな街は、フランスのCityMobil2システムを初めてテスト導入した街です。10人乗りの電気バス自動車は、1.5マイル(約2.4キロ)のルートを走行します。EUが主導する、排気ガス減少の計画の一環。

最先端をいく! 自動運転バスが走っている5つの都市 2

鄭州市(中国)

中国のバス会社Yutongがテスト運転中。鄭州市から開封市まで20マイル(約32キロ)を走ります。最高時速は時速40マイル(約時速64キロ)で、車線変更も信号での停車も可能です。自動運転ですが、社内に運転手が一応待機しています。Yutong曰く、近々乗客対応予定だとか。

ヴァーヘニンゲン(オランダ)

EazyMile社のEZ10の改造版WEpods、6人乗りのシャトルバスが近々走行予定。オランダの中心街を走ります。ルート走行時間は17分ほど。専用インフラなしで公道を自動運転バスが走るのはこれが初となります。

最先端をいく! 自動運転バスが走っている5つの都市 3

ミルトン・キーンズ(イギリス)

2人乗りの小さな自動運転車LUTZ Pathfinderを、30台から40台ほど導入予定。乗客は、乗るだけでナビや運転など手を出す必要はなし。2018年までに開始する予定です。

未来は、もうすーぐそこ!

Alissa Walker - Gizmodo US[原文

(そうこ)