果物をつかんで分けるロボット、イギリスで誕生

「…で?」と思ったかもしれませんけど、ロボットにとっては大きな一歩なんです!

現在、ロボットにとって果物をつかむのはとっても難しいこと。イギリスのケンブリッジ・コンサルタンツはこの課題を解決するために、自社の産業ロボットを改造して果物をつかんで分類できるロボットを開発しました。

農業は日進月歩の勢いで自動化されていて、あらゆるところに参入する機会があります。しかしそんな中でも、ロボットにはとても難しくてまだ人間にしかできないのが、熟した果物、野菜、スパイスの収穫。収穫物の形は予測できないため、ロボットは簡単に傷つけたり、つぶしてしまったりするんです。また、熟していないものなどの周囲のものと区別するのも、ロボットには簡単なことではありません。

このロボット、食品加工工場で使える可能性はあるとは言われていますが、もちろん、現在の形では畑で働くにはまだまだ不十分でしょう。上の動画を見ると、「そっと触る」をロボットでやろうとするとこうなるんだなあ、という感想。まだまだ人間の手でやったほうが速そうですが、正確に分類できているところを見ると、将来の全自動農業に向けての一歩であることにはまちがいないですね。

source: Cambridge Consultants

Ria Misra - Gizmodo US[原文

(conejo)