新型iMacのFusion Drive、1TBモデルのフラッシュストレージが大幅に削減

2015.10.15 12:55
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

151015fusk00.jpg


むう…。これは気になります

新型のiMacでは1TB〜3TB(21.5インチモデルは2TBまで)のFusion Driveを選べます。Fusion Driveはフラッシュストレージ(SSD)+HDDの組み合わせで、アクセスを高速化するシステム。HDDと比べるとかなり違いが出るようです。

しかし、今回の新型iMacのFusion Driveは、容量によってフラッシュストレージの搭載量が違うことが判明しました。


151015fusk01.jpg


1TBのFusion Driveのフラッシュストレージ容量は24GB。一方で2TBと3TBは128GBとなっています。昔は1TBのFusion Driveも128GBのフラッシュストレージを搭載していたんですけどね…。

この容量の違いで、どれだけ日々の作業に影響が出るのかはわかりませんが、重めのアプリをいくつも使いこなしたい、大量のデータをやり取りしたいならば、2TB以上のFusion Driveにしておいたほうがいいのかもしれません。

くっ…、「外付けHDDを駆使すれば1TBで安く済むかな?」とか必死にそろばん弾いていただけに、いますごくモヤっとしていますよぉ!


source: アップル

(小暮ひさのり)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • iBUFFALO フルキーボード USB接続 パンタグラフ Macモデル ホワイト BSKBM01WH
  • バッファロー
  • 2.4GHz USB ワイヤレス 光学式マウス Apple Mac Macbook Pro Air対応 ホワイト
  • sell more
特別企画

家事で空気は汚れる? 「Dyson Pure Cool Link」でチェックしてみた

Sponsored by Dyson 風が強くて気持ちいい扇風機と、微細なアレルゲンも取り除いてくれる空気清浄機。2in1なダイソン・エアマルチプライアーシリーズ最新モデルが、さらなる進化を遂げました...
続きを読む»

・関連メディア