iPhone 6sから初代まで、カメラ画質を一挙比較

151001np0.jpg

iPhoneといえば、やっぱりカメラです。

新型iPhoneで楽しみなのはデザインの変更もありますが、カメラ画質の向上もユーザーの大きな関心の一つ。iPhone 6sではカメラの画素数が1,200万画素に向上したのにも注目が集まっています。そこで今回、Camera+アプリの創始者のLisa Bettany氏が行なったiPhone 6sから初代iPhoneまでのカメラ画質比較をご紹介したいと思います。

151001np1.jpg

まず、上の写真を見てください。初代からiPhone 4までと、iPhone 4s以降では画質に雲泥の差がありますね! また、この中でもiPhone 6sで撮影した写真が一番鉛筆の木の質感がしっかり出ています。

151001np2.jpg

また、iPhone 6sとiPhone 6の間にも大きな違いがあることがわかります。右側のiPhone 6sの写真のほうが色合いが自然なだけでなく、ディテールでも優位に立っていますね。これが画素数アップの力なのかもしれません。

151001np3.jpg

また、iPhone 6sのカメラは画素数を増やしただけでなくセンサーそのものが改善され、色の再現性が向上しています。オートフォーカスのスピードも向上し、ここぞというシーンを逃しません。

今回のギャラリーを公開したBettany氏はiPhone 6sのカメラについて、「オートフォーカスのスピード、色の正確性、ディテールやシャープネス、特に暗い環境での性能が明らかに向上しています」と述べています。また、ソフトウェアやA9プロセッサーも画質向上に大きな役目を果たしているそうです。

snapsnapsnapでは、マクロ/逆光/逆光マクロ/日光/ポートレート/日没/ローライト/ローライト 日の出など、様々な環境下での比較画像を見ることができます。簡単に高画質な写真が撮れるiPhone 6sで、カメラ撮影がもっと楽しくなりそうですね!

source: Snapsnapsnap.photos via MacRumors

(塚本直樹)