iPhone 6sじゃなくてもLive Photosを見て共有して楽しむ方法

iPhone 6sじゃなくてもLive Photosを見て共有して楽しむ方法 1

最新のiPhoneじゃなくても体験したい。

iPhone 6sと6s Plusから登場した動く写真の「Live Photos」。カメラアプリで簡単に撮影できるのでどんどん撮りたくなりますよね。

Live Photosの撮影機能は最新のiPhone 6sと6s Plusしかないんですが、実は見たり送ったりするだけなら他のiOSデバイスやApple Watch、Macでもできるんです。ただ少し条件があってiOSならiOS 9のメッセージアプリとカメラロール、MacだとEl Capitanの写真アプリ、Apple WatchだとwatchOS 2の写真アプリが対応しています。

iPhone 6sじゃなくてもLive Photosを見て共有して楽しむ方法 2

Macの写真アプリで開いて左下の「Live」ボタンをクリック

iOSのメッセージアプリで送られてきた場合はフルスクリーンで開いて長押しすると動くんですが、カメラロールに保存するとどれがLive Photosなのか目印がなくて分かりにくいかも。Macの写真アプリだと左下に表示される「Live」ボタンをクリックすると再生されます。

iPhone 6sじゃなくてもLive Photosを見て共有して楽しむ方法 3

Apple Watchの写真でも動く

Apple Watchだと時計の背景にもできるので自分だけのWatchフェイスにいいですね。時計を見るたびにちょこっと動きます。6sユーザーじゃない人は知り合いで6s持ってる人に面白いLive Photosをおねだりしてもいいかもしれません。

image by: 9to5Mac

source: 9to5Mac via the Loop

(ケンタロー)