iPhoneにも防水機能がつくかも? 分解してみたらその可能性がみえた

2015.10.01 11:25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

151001niphonemizu.jpg


近い将来、防水iPhoneもありえそう?

アップルからは公式に保証されていないものの、iPhone 6sはある程度の水中での動作に耐えられることが動画などから予想されています。しかし、どうして防水性能を謳っていないiPhone 6sにそんなことが可能なんでしょう? 実は、その理由は新たなガスケットとシールにあるみたいなんです。

分解レポートでお馴染みのiFixitはiPhone 6sの秘密を探るべく、本体ケース内部の縁をぐるっと囲む接着剤の帯を調査。その結果、この「ネバネバした帯」がガスケットの役割を果たしていることを突き止めたんです。

さらに、プロセッサなどが載っているロジックボードのソケットシールで覆われていることも指摘。これらは、iPhone 6sがある程度の水に耐えること意図して設計された可能性を意味していそうです。

もちろんiPhone 6sは防水仕様ではないのでわざと水に落とすのはご法度です。でも、水回りでの万が一のアクシデントにも強くなっているのは心強いですね!


source: iFixit via Cult of Mac

(塚本直樹)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 【Apple認証 (Made for iPhone取得)】Anker プレミアムライトニングUSBケーブル iPhone 6s / 6s Plus / iPhone 6 / 5 / iPad Air / iPad mini 用 コンパクト端子 ホワイト 0.9m 63ANMFILTN-3WA
  • Anker
  • HanyeTech iPhone6 4.7インチ用液晶保護強化ガラスフィルム スマートフォン ガラスフィルム 硬度9H 超薄0.33mm 2.5D ラウンドエッジ加工
  • HanyeTech
特別企画

家事で空気は汚れる? 「Dyson Pure Cool Link」でチェックしてみた

Sponsored by Dyson 風が強くて気持ちいい扇風機と、微細なアレルゲンも取り除いてくれる空気清浄機。2in1なダイソン・エアマルチプライアーシリーズ最新モデルが、さらなる進化を遂げました...
続きを読む»

・関連メディア