自分のココロとカラダのこと、詳しく見せてくれる「JINS MEME」発表

自分のココロとカラダのこと、詳しく見せてくれる「JINS MEME」発表 1

発売は11月5日ですよ~。

メガネ型ウェアラブルデバイスといえばHMDタイプを思い浮かべてしまう人が多いでしょうが、3点式眼電位センサー・6軸センサーが組み込まれた「JINS MEME ES」も忘れてはなりません。

基本はカラダの動きをセンシングしてBluetoothでスマートフォンに送り込むデータロガーデバイス。それって腕時計型の活動量計と同じ?と思ったら違いました。

自分のココロとカラダのこと、詳しく見せてくれる「JINS MEME」発表 2

3軸ジャイロセンサーと3軸加速度センサーなどが組み込まれた6軸センサーはテンプルの末端に。

自分のココロとカラダのこと、詳しく見せてくれる「JINS MEME」発表 3

眼球の動きを検出できる3点式眼電位センサーはブリッヂ&ノーズパッド部に入っています。

すべてのセンサーが頭部の高さにあるために、カラダの傾きなどより精確な動きを検出できるのがポイント。「JINS MEME RUN」アプリを使えば正しい歩幅やバランスを計測できるのでランニングフォームを可視化して、もっと効率よく力を伝えるフォームへの修正がしやすくなります。「JINS MEME DRIVE」アプリは運転中の眠気のレベルを3段階で教えてくれるし、「JINS MEME App」は アタマ年齢とカラダ年齢を明らかに。腕時計型よりも、もっともっとあれこれデータ化してくれます。自分のカラダとココロのことを教えてくれます。

自分のココロとカラダのこと、詳しく見せてくれる「JINS MEME」発表 4

なお開発には「脳を鍛える大人のDSトレーニング」などを手がけた川島隆太博士や、世界陸上銅メダリストの為末大さんたちが参加しており、的確なロギングをしてくれそう。

自分のココロとカラダのこと、詳しく見せてくれる「JINS MEME」発表 5

こちらは兄弟機の「JINS MEME MT」。3点式眼電位センサーは省かれており、6軸センサーでカラダの動きを計測するスポーツ向けモデルとなっています。お値段は「JINS MEME ES」の3万9000円に対して、1万9000円とかなりリーズナブル。ただ、面白いのは「JINS MEME ES」でしょうね。視点がどの方角にあるか、どこを見ているかまでは計測できないようですが、視線のブレはわかっちゃうワケで、「目は口ほどに物を言う」を可視化できちゃうわけですもの。

すでに開催されたハッカソンやアプリアイディアコンテストでは相手を見つめ続けられるかを計測する合コンアプリや、目の動きの変化から病気の予兆を検知するアプリ、子供を犯罪から守るアプリなど、さまざまな企画が立ち上がっている様子。開発キットも公開されており、一般量産型が発売されたらいろんなネタが現実のものとなるかもしれません。

自分のココロとカラダのこと、詳しく見せてくれる「JINS MEME」発表 6

なお田中仁社長いわく、将来的にはすべての商品をMEME化したいとのこと。現時点においては回路のサイズ的に難しいそうですが、数年後には...!

source: JINS

(武者良太)