ツイッターの140文字制限がなくなる可能性アリ…それってどうなの?

ツイッターの140文字制限がなくなる可能性アリ…それってどうなの? 1

ちょっとショック。

ツイッターが新たなサービスを展開するかも…という話がでてきました。そのサービスとは、140文字というツイッターの文字制限をとっぱらってポストできるというものだとか…。

ツイッターの仕様が変わるというよりは、この噂の新サービスを介することで文字制限適用の外に出られるという感じなのかな。一部の噂では、この文字制限関連で、リンクやアカウント名などをカウントしなくなる仕様変更の噂も浮上してきています。ツイッター担当者は、この噂に対してコメントせず。

つぶやき放題…どうよ?

140文字というのは、ツイッターが始まっていらいのルール。時代とともに、ハッシュタグやらメディア添付やらいろいろな機能が変化し追加されてきましたが、140文字ルールは不変の存在でした。文字制限撤廃が噂レベルの話というのを踏まえたうえで、個人的、あくまで個人的な意見を言いますと、140文字制限は継続してほしいです。

ツイッターにはツイッターの個性があって、その1つは文字制限だと思います。制限の中でやりくりするのがいいわけで。例えるならば、制服をどうオシャレに着こなすかというのが楽しいわけで、明日から私服でいいよと言われても興ざめなわけです。これまた恐れ知らずに例えるならば、ジョジョの第5部は制限=ルールの中で能力を使うからおもしろいわけで。あまりにもルール適応外のキャラがでてくるってのは…っていうかさ。

もっと言えば、これまた個人的な意見ですが、私はInstagramも正方形という制限が好きだったのです。もちろん、運営側が今のトレンドを読んで下す判断なので、正方形写真や文字制限にこだわる私は、古いタイプなのでしょう。

さて、どうなる文字制限? 何にせよ、ツイッターもユーザーを惹き付ける何か新しいモノを探すのに必死だということです。

source: re/code

(そうこ)