まるでMacBook Air…なWindows 10ラップトップが発売中

151003gram1.jpg

やっぱり似てるよね?

LGと聞くと、スマートフォンやスマートウォッチを思い浮かべる人は多いでしょう。海外では、LG製のテレビや各種家電製品なども有名ですよ。でも、ノートPCなんかも発売しているのをご存知でしたか?

151003gram2.jpg

このほどLGは、米国市場で初めて「gram」シリーズウルトラスリムノートPCの販売を開始しました。いずれもWindows 10を搭載しており、高性能かつ超軽量という特徴を備えています。

14インチのフルHD表示(1,920×1,080ピクセルの解像度)のIPSディスプレイを装備し、CPUにインテル製のCore i7 5500U(2.4GHz)プロセッサーを採用。本体重量は2.16ポンド(980g)という仕上がりです。これって、11インチの「MacBook Air」よりも軽量なんですよね!

151003gram3.jpg

gram 14の最小構成モデルは、CPUがCore i5プロセッサーとなり、8GBのRAM、 128GBのSSDを装備。 USB 3.0ポート、microUSBポート、microSDカードスロットに加え、HDMI出力ポートも標準搭載。厚さ0.5インチ(約1.27cm)という薄型ボディながら、カーボンマグネシウムとリチウムマグネシウムを用いた合金素材で、強度にも優れるとされていますよ。このハイスペックでも、販売価格は999ドルに抑えられました。

同スペックで、ディスプレイサイズを13インチに落とした「gram 13」の価格は899ドル。一方、よりハイパフォーマンスなgram 14を求める人に向けては、Core i7プロセッサーモデルが用意されており、265GBのSSDを装備する最小構成モデルの価格は1399ドルです。バッテリー駆動時間最長7.5時間となっているので、14インチのノートPCにしては、なかなかバッテリーの持ちもよいようですね。

アップルからデザイン酷似で訴えられたりはしないのかな? ちょっぴり心配になってしまいますけど、このコストパフォーマンスのよさは日本国内でも販売してほしいかな~。

source: LG via Tech Times

(湯木進悟)