MITの無料オンラインコース、修士課程を目指せるようになる

151014MITonlinecoursemaster.jpg

さすが世界の最高学府。

つい最近も、エンジニアの募集要項がすごいと話題になったMITことマサチューセッツ工科大学。今回新たに発表されたプログラムによると、同学が公開する無料オンラインコースが修士課程へのステップに繋がるようになるみたいです。気になるMITの学位取得...一体どういうことでしょう?

対象となるのは、SCM(サプライチェーンマネジメント)分野。2016年2月から開講予定の"MicroMaster's"とよばれるコースでは、まずedXを通じて、誰でも無料で授業を視聴することができます。ちなみにedXとは日本の京都大学も参加している公開オンライン講座システム

試験をパスすれば、MITxとよばれるシステムを通じて修士プログラムに移行できるというもの。もちろん学位授与までの最初から最後まですべてがオンライン、すべてが無料というわけではなく、残りのプログラムは実際にキャンパスに通って、1学期間つづきのコースを受ける必要があるのだそうです。

一般的に日本の大学院は2年かかる一方で、海外では1年で修了できるプログラムが多数あります。今回MITがアナウンスしているところによると、MicroMaster'sプログラムは順調にいけば1年で修了できるようです。

同コースについて「より多くの人々がSCMを学べるようになる」と語るのは、SCMプログラムを運営するYossi Sheffi教授。もちろん英語という言葉の壁はあるものの、既存の大学院プログラムだと資金的余裕がなかったという人や、サプライチェーンマネジメントへの関心が高い人に対しても学習機会が広がることが期待されます。

ちなみに今回のMITの動きは、アリゾナ州のフェニックス大学に続くもの。こうしたアメリカでの教育システムの変化は、日本国内の大学・大学院にも影響があるのでしょうか? 今後に要注目!

source: engadget , MIT , MIT MicroMasters FAQ

(Rina Fukazu)