動くテーブルが賢くなって箱を縦に積み上げられるようになった

いつかテーブルが朝食を作ってくれる日が来ます。

動くテーブルがどんどん賢くなってます。MITのTangible Media Groupこのビデオを公開してからもう2年ほど経ちます。手を動かすとリアルタイムでテーブルも動く、というなんともSFなビジュアルで私たちを驚かしてくれたわけですが、この2年ほどの間にハード・ソフト両方の面でさらにグレードアップしていました。ここまで来ると「あ、これ生活に役立つんじゃ...」という予感がしてきませんか。

それぞれが独立して制御されているスティックの集まりで作られたこのテーブル。一本一本を巧みに押したり引いたりしてブロックを持ち上げて積み上げています。

自動で朝食を作ってくれるようなキッチンテーブル...になるにはまだまだ遠い道のりですが、かなりのポテンシャルを感じさせてくれます。現時点では技術も正確性も幼児程度とのことです。精度がさらに増して、スティックがもっと細くなって何千本、何万本になるとどんなことができるのか想像するだけで楽しみですね。

個人的にはテーブルでウトウトしてしまったときにそっとスティックの束が頭を支えてくれたりしたら、それだけで家族として認定しちゃいそうです。

source: Vimeo - MIT Tangible Media Group via Laughing Squid

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文

(塚本 紺)