Pandoraが1972年より前の楽曲の著作権使用料として、9000万ドルを支払うことに

Pandoraが1972年より前の楽曲の著作権使用料として、9000万ドルを支払うことに 1

Spotifyと双角をなす日本未上陸の人気音楽ストリーミングサービス、Pandora。

今年のはじめごろから、1972年以前にレコーディングされた楽曲の著作権使用料について、アメリカの大手レコード会社を代表する全米レコード協会から追求されていました。ですが、Pandoraが9000万ドル(約108億円)を支払う形でようやく決着が着いたようです。

どうしてこんなことになったのかというと、連邦著作権法という法律が関係してきます。著作権の保護について定められたこの連邦法、実は1972年以後に録音された楽曲にしか適用されないんです。この法の抜け穴を利用して、いくつかの音楽ストリーミングサービスは、1972年より前の録音について著作権使用料の支払いを行なっていませんでした。ところが、アメリカのいくつかの州では、州法によってもっと古い録音の著作権についても保護されているんです。そんなことは誰よりもよーーーく、知っている大手レコード会社(ソニーミュージック、 ユニバーサルミュージック、 ワーナーミュージックを含む)5社は、Pandoraにずっと眼を光らせていました。

同協会はPandoraを相手取って訴訟を起こしていましたが、Pandoraはその決着を法廷の外でつけたようです。契約条件は非公開となっていますが、支払う額は9000万ドル(約108億円)に及ぶといわれています。また、聞くところによれば、この合意の内容は2016年末までで、2017年以降にPandoraが1972年より前の録音楽曲を引き続き利用するには、あらたな契約が必要になるということです。

source: Pandora via New York Times via Verge

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(TOMOYOSHI)