マラリアから多くの生命を救ってきたシンプルなアイディア

マラリアから多くの生命を救ってきたシンプルなアイディア 1

アフリカに蔓延する小さな蚊が運ぶ大病。簡単に防げたんですね。

オックスフォード大学のレポートによると、アフリカでのマラリア感染率が2000年から50%も減少したそうです。研究者によると、これはひとえに超シンプルなあるモノのおかげなんだそう。そのモノとは、なんと蚊帳

サブサハラアフリカで行なわれた3,000件のマラリア調査データベースと、大陸全体に展開するモデルを組み合わせた新しい研究がネイチャー誌に発表されました。人に対して最も一般的な形態のマラリアを引き起こす寄生虫「熱帯熱マラリア原虫」の感染が2000年から2015年の間に50%も減少したとのこと。

研究者たちはまた、アフリカ全体で行なわれたさまざまなはたらきかけが6億6300万件もの疾患を防ぐことに成功したと算定。そのはたらきかけの中で、マラリアと戦うために使用された一番シンプルで簡単な方法が殺虫剤入りの蚊帳だったそう。この蚊帳戦略、なんと今回の成功の68%も貢献していることが判明。他には、アーテミシニンベースの併用療法の臨床マラリア治療は22%、室内スプレーが10%となっています。こういった大変シンプルな工夫が実は一番大きな効果があるのだと研究者は語っています。

大変な朗報ですが、研究者リーダーのPeter Gething博士は、まだやるべきことはたくさんあると指摘しています。「アフリカでは毎年、30万人の子供たちがマラリアで亡くなっています。大きな改善は見られましたが、蚊帳や室内スプレーがまだまだ足りていない状態です」と博士。また博士は、「これら安くて効果の高い対策はアフリカのマラリアに大きな貢献をしてきましたが、これで私たちが勝ったと安心する時間はないんです。今必要なのは、マラリアをさらになくすために今までの倍の努力が必要だということです」とも述べています。

マラリア全滅に向けて、なんとか蚊帳やスプレーの供給を増やしてほしいですね。

image by UNAMID

Source: Nature

Jamie Condliffe - Gizmodo US[原文

(リョウコ)