ロボットでもIKEAの家具を組み立てるのはヘタみたい

ロボットでもIKEAの家具を組み立てるのはヘタみたい 1

IKEAの家具の組み立て、ロボットがやってくれたらなと思ってたのに。

IKEAロボットがいればいいのになってずっと思っていました。IKEAは家具の梱包にロボットを使っているんなら、家具を組み立てるロボットだって作れるはず!と10年以上も努力を重ねた結果わかったことがひとつ。ロボットはIKEAの家具を組み立てるのが苦手でした

IKEA家具組み立てロボットの一番最近の試作はシンガポールからでした。南洋(ナンヤン)理工大学の研究者たちが乱雑な環境でも任務を実行できるロボットを開発していました(乱雑っていうのは、まさにIKEAの箱を開けて床にいろんなものがバラバラとある状態ですね!)。研究者たちは、そのロボットを使ってIKEAの椅子を組み立てられるかテストしたそうです。

ロボットっていうのは、シンプルなライン作業で力を発揮します。でも、IKEAの家具を組み立てるのはとっても難しいこと。まず、パーツを探して、パーツを持ちながら、どれとどれがくっつくのか見なくてはいけません。人間でもかなり難しい作業ですが、私たちの脳は生まれながらに問題解決をするとき、即興で対応できるようになっています。そして人間の手は小さい杭を穴にはめ込むのも上手にできます。でも、ロボットにはすごく難しいことなんです

新たに発表された「A Framework for Fine Robotic Assembly」という論文では、研究者たちがどのようにこの「穴に杭を入れる」問題を克服したかについてまとめられています。簡単にいうと、IKEAの家具の組み立てには、ロボットの視覚配置精度の限界が試される、木製のダボを小さな穴に入れるという作業が必要となります。ダボと穴は両方とも小さく見にくいので、南洋理工大学の研究者たちは、ロボットにパーツを「感じさせる」ことにしました。それを穴にはめ込むことはもっと難しいことなんですが、これも研究者たちはたくさんの動作を事前にプログラムする方法をとりました。でもこれはあんまりスムーズな感じではないようです。

というわけで、信じられないかもしれませんが、現時点ではこれがIKEAの家具組み立てロボットの最先端のかたちなんだそう。そして、マサチューセッツ工科大学のIkeaBotが僅かの差で2位だそうです。2013年のIEEE国際会議で産業ロボットのKUKAがIKEAのLackテーブルを組み立てて観客を沸かせたそうですが、Lackテーブルは実はかなりシンプルな組み立てなんですって。だから、今回シンガポールのロボットが組み立てた椅子の複雑さとは雲泥の差らしいです。

IKEA家具組み立てロボットがいてくれたら、本当に助かるんですが、まだまだ先の話みたいですね。

source: Technology Review

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文

(リョウコ)