自宅でコーラが、スプライトが、ドクター・ペッパーが作れる! 飲める!

151001keurig_kold01.jpg

いつでも好きな味を自宅で楽しめるなんて!

キューリグと言えばコーヒーメーカーで有名ですが、そのコーヒーメーカーが昨年ちょっとした騒ぎになり、一部のマシンで火傷の恐れがあるとして700万台のリコールにまで発展しました。そんなキューリグがまた似たような新製品を発表したようですよ。ただし、今度はコーヒーではなく、炭酸飲料を作るみたいです。

新製品の名前はKeurig Koldといって、価格は370ドル(約44,000円)。見た目は本当に自社のコーヒーメーカーにそっくりそのままです。ただ中身が違うんですよね。使い方は簡単で、常温の水を入れて専用のカプセルをセットしたら、あとはマシンが勝手に冷たくてシュワシュワの炭酸飲料を作ってくれます。炭酸飲料を自宅で作ると言ったらSodastreamが有名ですが、Keurig Koldが違うところはガスシリンダーが必要ないということ。しかもすごいのが、業務提携したコカ・コーラはもちろん、ドクター・ペッパーなどの有名ドリンクが自宅で作れるようになるということ!

はたしてキューリグが数年かけて開発してきたこのマシンは、昨年の700万台リコールDRM(デジタル著作権管理)をハックされたりなどのいやーなイメージを払拭できるんでしょうか? そのキッカケとなってくれるかもしれないのが、カプセルです。このカプセルにはフレーバーシロップと泡を作り出す炭酸ビーズが入っていて、これのおかげでガスシリンダーも必要なし。さらに、7℃弱まで冷えたドリンクができあがる全行程にかかる時間は、なんと約1分しかかからないんだとか!

お家で楽しめるドリンクのバリエーションも豊富で、コーラやスプライト、ファンタにドクター・ペッパー、カナダドライ、キューリグのオリジナルドリンクまであります。ちょっと大人向けとしては、カクテルだって作れますよ

繰り返しになりますが、お値段は370ドル(約44,000円)とけっこうお高め。もちろんこれはマシン本体の価格で、カプセルは別に購入する必要があります。カプセル4個入りで4〜5ドル(約480〜600円)くらいで、ちなみにカプセル1個につき8オンス(約240ml)のドリンクを1回きりしか作れません。日本でもネットだとコーラ500mlの24本セットを2,000円くらいで買える現実を考えたら、冷蔵庫のスペース節約のためだけにしては高い買い物に思えてしまうのも事実…。

でもなぁー、明らかに高い買い物だってわかってはいるんですけど、気になってしょうがない自分もいるんですよねー。つい1台ポチッと押してしまう嫌な予感しかしないんですよねー…。かなり言い訳がましいことを言ってみると、秘密主義な大企業から毎回糖分たっぷりのドリンクを買って飲むってどうなの? って前々から思ってたんですよ、はい。それに370ドルでマシンを買って5ドルのカプセルセットを永遠に買い続ければ、もう冷蔵庫にあと飲み物何本あったっけな? ってソワソワしなくていいんですよね? …ってどう考えても苦しい言い訳でしかないですね。でもやっぱり気になってしまうKeurig Kold

ちなみに、オンラインではすでに販売が開始されています。早く日本でも買えるようにならないかな!

Chris Mills - Gizmodo US[原文

(SHIORI)