アップル、第2の宇宙船型オフィスをシリコンバレーに計画中

151002na1.jpg

またしてもカッコいい。

アップルめちゃカッコいい宇宙船型新本社は現在カリフォルニア州クパチーノで建築中ですが、同社の計画はこれだけではなささそうです。Silicon Valley Business Journalによると、アップルはカルフォルニア州のサニーベール新たな宇宙船型オフィスを計画中なんだそうです。

上がその建物の画像なんですが、三つ葉のクローバーにオフィスが合体したみたいなSFチックなデザインですね。これはLandbank Investment LLC社が計画しているCentral & Wolfeという建物なんですが、すでにアップルは同社と契約を結んだとも伝えられています。

151002na5.jpg

このキャンパスには18エーカー(約7万2800平方メートル)の敷地に約7万2000平方メートルのオフィススペースがあり、さらには8,300平方メートルの屋上庭園もついてきます。敷地内には2マイル(約3,200m)以上の徒歩・自転車用通路も整備されているそうです。クパチーノの新本社に続き、こちらも緑豊かなオフィス環境になりそうですね。

同建物の完成予定時期はまだ不明です。ますます成功を続けるアップルには、おしゃれな新本社一つだけでは足りないのかもしれませんね。

151002na2.jpg

151002na3.jpg

151002na4.jpg

151002na6.jpg

source: Cult of Mac

(塚本直樹)