中国、ハッカーたちを逮捕(アメリカに言われたんで)

中国、ハッカーたちを逮捕(アメリカに言われたんで) 1

自発的に逮捕しようよ。

伝えられるところによると、中国のハッカーたちは、オバマ政権のEメールを読む、連邦政府の従業員の記録を盗む、米国健康保険記録をハイジャック、反検閲プロジェクトを攻撃するなどの行為を行なっていました。そしてついに、米国の要請で逮捕される模様です。

ワシントン・ポストによると、習近平国家主席の訪米中に発表された中国と米国間のサイバースパイ活動についての合意に先立って、この逮捕が行なわれたとのこと。

中国に対する経済制裁を実施すると表明しているオバマ政権との緊張を和らげるため、中国政府は米国政府の要請により、複数のハッカーをひっそりと逮捕しました。

この逮捕は、習近平国家主席のワシントン訪問の数週間前に行なわれました。ハッカーたちは、米国企業から企業秘密を盗み出し、中国の国営企業に売却、手渡していたとして、米国当局によって特定されました。

これはまさしく懐柔的戦略。実は、逮捕された人たちが本当にハッカーたちだったのかという確証がないんですね。中国はハッキング事件に対して逮捕をしたのではなく、この逮捕はアメリカに対してのジェスチャーだったんではないかとも言われています。

image by Kaliva / Shutterstock.com

source: Washington Post

Kate Knibbs - Gizmodo US[原文

(リョウコ)