ポルノ技術の発展はプレイボーイとともにあり

ポルノ技術の発展はプレイボーイとともにあり 1

まちがいなく、ポルノ界のイノベーターです。

先日、米誌プレイボーイが来年3月にもポルノ写真の掲載をやめることを発表しました。インターネット上にエッチな画像があふれる中では、ポルノ写真で利益を出すことが難しかったからとのことです。

このニュース、プレイボーイがポルノのために新しいメディアを試し続けた長い歴史を考えると、なかなか興味深いものです。ということで、プレイボーイがこれまでにどのようにポルノを大衆に届けようとしたか、歴史を振り返ってみましょう。

1954年 雑誌の出版

むかしむかし、プレイボーイは雑誌媒体のみでした。その時代のプレイボーイは、洗練された男性の読みものというイメージを作り上げ、隣の家に住んでいそうな健康的な女の子が裸になって、アバンチュールを求めてきたら…という夢を売っていたのです。ジャック・ケルアックやトルーマン・カポーティ、ロアルド・ダール、そしてアーサー・C・クラークの質の高く、性的な雰囲気を漂わせるフィクションやジャーナリズムで、プレイボーイはその他のアングラポルノ雑誌とは差別化を図りました。

1959年 テレビ放送

洗練されたポルノを求めるプレイボーイの冒険は、とどまることを知りません。1959年にTV放送を開始した際、カメラの前に立つプレイメイトはヌードではなく、イブニングドレスを着ていました。コメディアンのレニー・ブルースやボブ・ニューハート、ピアニストのナット・キング・コール、ジャズシンガーのエラ・フィッツジェラルドなども出演。しかしこの番組「プレイボーイ・ペントハウス」は、米連邦通信委員会(FCC)の放送への規則によって、ヌード映像を流すことはできません。ヌードなしでは見る意味もない…ということで、わずか2シーズンで幕を閉じたのでした。

「プレイボーイ・ペントハウス」はヌードなしで苦戦しました。

1982年 ケーブルテレビ

MTVが誕生した翌年のこと。プレイボーイは契約者限定のケーブルテレビ事業に乗り出しました。プレイボーイチャンネルは夜の8時から朝の6時までしか放映できませんでしたが、最初の4ヶ月で40万人もの人が契約したのだそうです。

1989年には、クレジットカード支払いによって、番組単位で成人向けコンテンツが見られる「ペイ・パー・ビュー」方式を導入しました。1994年までには、ほとんどのプレイボーイTVのコンテンツがペイ・パー・ビューで見られていたとのこと。また、プレイボーイはよりきわどい番組を流していたSpiceTVなどを買収することで、プレイボーイの名前に傷をつけずに、いろいろなニーズに応えるようにしました。

1982年 家庭用ビデオ

テレビでは家族に隠しきれない…という人がいたのでしょう。そんな人にはビデオテープを。プレイボーイは、雑誌のコンテンツをビデオテープに再録して売り出しました。結果、1980年代の後半には、このビデオグラビアが音楽チャートBillboardの上位に何週間もとどまるように。もちろん見る人の行動に合わせて、プレイボーイはメディアをCD-ROMDVDへと変えていきました。

1994年 インターネット

Playboy.comが最初に発表されたのは、ウェブブラウザMosaicがリリースされ、学生たちがウェブブラウジングの楽しさを覚え始めた、わずか1年後のことでした。多くの人がインターネットすら知らない時代のことですから、とても先進的な動きだったと言えるでしょう。プレイボーイのウェブサイトは最初の年に、1日平均100万ヒットを越えるコンテンツでしたが、ポルノ商品を直接的に買えるというサイトではありませんでした。他のプレイボーイメディアへの電子的な広告や雑誌からの転載、服を着たプレイメイトの写真などがウェブサイトのコンテンツでした。もしもっとほしければ、雑誌やTVの契約を買ってね、というわけです。

しかしその後すぐに、プレイボーイはパソコンの画面は、見ている人のTVよりももっと個人的なもので、ビデオテープを作る費用も必要ないものだということに気づきました。そして1997年には、過去の写真やウェブ限定の「プレイボーイ・サイバーガール」の写真を掲載した、契約型ウェブサイトを立ち上げたのです。

2014年 ネット上でのヌード廃止

2011年、プレイボーイはすべてのインターネットサイトとTVチャンネルをManwin(現在はネットポルノ配信大手MindGeek)に一度売却。しかしSpiceTVなど一部のメディアは、引き続きプレイボーイブランドを使いたいとしていました。結局、2014年にプレイボーイはPlayboy.comの利用権を買い戻し、その後ヌード画像の掲載を取りやめました。ヌードがなくなったプレイボーイのウェブサイトは、建前上ソーシャルメディアで共有できるようになり、会社のデスクからでも見られるようになりました。

さて、プレイボーイのスコット・フランダースCEOは、現在赤字の雑誌事業について「ニューヨークの5番街にお店を構えるようなもの」と例えて、マーケティングの必要経費と話していますが、今回のヌード撤廃で巻き返しとなるでしょうか。しかし、ウェブサイトや雑誌からヌードがなくなっても、エッチな写真や映像を提供するPlayboyPlusやPlayboy.TVとのつながりは残ったまま。将来、3Dビデオが出てきたら、それらのコンテンツがプレイボーイによって流されるようになるかもしれませんね。

image by Flickr / Gizmodo

Diane Kelly - Gizmodo US[原文

(conejo)