【職場閲覧注意】レーザーポインターで人は死ぬ? いくつあれば?

151016_deathray1.jpg

先に言っちゃうと、死ねます。ただ…。

レーザーポインターを目に向けちゃいけないってのはみんな知ってますよね。瞬き反射で目が守られる可能性が高いとはいえ、失明の可能性もあるからです。でもどこかの悪い人が、レーザーポインターで殺人光線を作ろうとしたら、可能なんでしょうか? そしてそれには、レーザーポインターがいくつ必要になるんでしょうか?

市販のレーザーポインターは、日常使いできるよう、安全な作りになっています。とはいえ、その光を見つめちゃいけない程度に危険だということも常識です。では、レーザーポインターとはどれくらいパワフルなんでしょうか?

そもそもレーザーとは

本題に入る前に、基本的なところを確認しましょう。そもそもレーザーって何なんでしょうか?

「レーザー」という言葉は、「Light Amplification by Stimulated Emission of Radiation」(輻射の誘導放出による光の増幅)を縮めたものです。言い換えると、レーザーとは同じ方向にたくさんの光子が動いていく一筋の光なんです(通常の光はあらゆる方向に動いています)。強力レーザーは焦点に大量のエネルギーを注いで熱を生じ、極端な場合、ひどい火傷を負わせるほどになります。たとえば米国海軍は、ドローンを撃ち落とせるくらい強力なレーザー砲を持っています。

151016_deathray2.jpg

レーザーの力、そしてその危険性は、出力する力の量(一般的にはmW単位)で決められています。米国では米国食品医薬品局(FDA)が、あらゆる製品は5mW以下であるべきと定めています。なのでたいていのチープなレーザーポインターだと、1mW以下しかありません。とはいえ「cheap laser pointer」でグーグル検索すれば、2ドル(約240円)以下で5mWのものを見つけることもできます。レーザーポインターは米国外製のものが多いので、FDAが義務付けている注意喚起ステッカーを貼っていない場合もよくあります。また通常のレーザーポインターには、危険な赤外線が出てこないようにする保護シールドがあるんですが、それすらないものもあります。

赤外線の危険性は、レーザーポインターから漏れるくらいのレベルではとても人の命を奪うほどではありません。ただ赤外線が危ないのは、それが見えないために瞬き反射が起こらず、網膜が焼け始めるまで気づかないからです。それでも視力が奪われるだけであって(それもひどいんですが)、死ぬほどではありません。殺人光線を作るには、5mWよりもっと強力なレーザーが必要なんです。

そして本題へ

レーザーが怖いのは、複数の低出力レーザーのビームを集めて強力ビームを作れるということです。ただし簡単ではありません。たくさんのレーザーポインターのエネルギーを、レンズを使ってターゲットの方向に完ぺきにフォーカスさせなきゃいけません。

レーザーで人を殺害するには、目に撃ちこむのが一番簡単です。レーザーが網膜を切り裂き、脳組織を焼いてしまうからです。でもそのためには、レーザーをしばらく一点に集中させ続ける必要があります。なのでターゲットの人物を縛るとか、何らかの方法で動けないようにしなきゃいけません。

なので、アニメとかでよくあるようにレーザー砲をパーっと放って終わり、ではありません。ミネソタ大学の物理学教授で『The Physics of Superheroes(直訳:スーパーヒーローの物理学)』著者のJames Kakalios氏は、レーザーポインターから殺人光線を作ること、というか殺人光線を作ること全般が、非常に難しいと言います。

「何かにレーザーで穴を空けるには、エネルギーが拡散してしまうより早く、短い時間で、より多くのエネルギーを注ぎ込む必要があります」とKakalios氏は説明しています。「それができれば、ターゲットの素材をつないでいるものを圧倒でき、原子が飛び去っていきます。でもレーザーの余分なエネルギーが熱として出て行くなら、単にその素材を温めるだけになります。」

でも、脳の組織を温めるとどうなるんでしょうか? 脳が溶けます。とはいえ、レーザーポインターの寄せ集めで誰かの脳を焼き抜くとしたら、やっぱりそれなりの時間が必要です。

151016_deathray3.jpg

脳にレーザーをあてるなんてとんでもないことのようですが、神経科学の分野では急増している手法です。適度なレーザービームを使って脳活動を引き起こしたり、痛みをなくしたりができるんです。コロンビア大学の神経科学博士研究員、Tim Spellman氏は、医療研究のために日々マウスの脳にレーザーをあてています。でも彼は、強力レーザーを継続的にあてることで、脳にかなりのダメージに与えうることも強く意識しています。

「(脳を溶かすには)脂肪を燃やすのに十分なくらい組織を熱する必要があります。脳はほとんどが脂肪なので。それは、華氏300度から500度(摂氏約150~260度)です」とSpellman氏。「でも実際の人間の脳でそれがどれくらいの時間で可能かは、実際やってみるまでわかりません。が、私の予想では、数十秒、または数分かかるかもしれません

で、結局いくつ必要?

そんなわけで、複数のレーザーポインターをレンズで1ヵ所に集めて強力ビームを作れることはわかりました。そして、十分な時間をかければ、強力レーザーを目にあてて脳を溶かせることもわかりました。それで、そのレーザーポインター集団はどれくらいの大きさになるんでしょうか?

テキサス大学で物理学博士を取得した全米物理学会のRebecca Thompson氏によると、答えは「かなり大きい」です。レーザーポインターで殺人光線を作るには?という質問に対し、彼女はいくつか計算をして答えてくれました。以下はその回答です。

レーザーで人を殺すには、組織を沸騰させるか、焼くのに十分な熱が必要です。まともな時間、つまりターゲットが逃げない程度の短時間で、目を通じて脳を沸騰させるには、約1kWのレーザーが必要です。ネコのおもちゃレベルのレーザーポインターは、だいたい5mWです。つまり殺傷能力を持つほど強力なレーザーを作るには、レーザーポインター20万個をレンズで1点にフォーカスさせなくてはなりません。

各レーザーポインターの幅は(ネコのおもちゃではなく、それより先端が小さいレーザーペンを想定)5mmあります。20万個をグリッド状に並べたとすると、それは7フィート(約2.1メートル)四方になります。それを1ヵ所にフォーカスさせるには、半径5.5フィート(約1.7メートル)の半円にする必要があります。つまりレーザーポインターで殺人光線を作るなら、レーザーポインターを20万個買って、それを半径5.5フィートの球体に貼り付け、それらをレンズを通してターゲットに向け、ターゲットには絶対動かないようにしてもらう必要があります。

どれくらい正確にねらわなきゃいけないんでしょうか?

目を通してフォーカスさせて脳に至らせるのが一番簡単ですが、人を死なせるにはかなり正確に撃ち抜く必要があります。脳幹はすぐそこにあるんですが、正確さが必要です。

というわけで、レーザーポインターを20万個、車くらいの大きさの球体に並べて、動かない人の脳幹めがけて正確に撃ちこみ、ある程度の時間をかければ、その人は死ぬことがわかりました。

非常に危険ですので、絶対にご自宅でお試しにならないようお願いいたします。

image by Jim Cooke / Photo via U.S. Navy / Wikipedia

Adam Clark Estes-Gizmodo US[原文

(miho)